四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所
【地図】

【衛星写真】Googleマップ

中央道伊那ICから権兵衛トンネルを抜け、国道19号を南下し、県道20号から山道を駆け上ったところに東大木曽観測所があります。現時点での施設の正式名称は『東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所』とのことで、漢字が27文字あります。
HPによると通期で午後より望遠鏡と展示室の見学が可能です。今回の掲載は、過去何度かの一般特別公開での写真を交えて紹介します。

e0208718_19481739.jpg
施設1km手前にある門です。
e0208718_19483312.jpg
右側の比較的新しい案内板です。
e0208718_19484049.jpg
左側の案内板です。シュミット望遠鏡として世界第4位の大きさとのことです。
e0208718_1948493.jpg
こちらは、先述の門を超え数百m進むともう一つの門があり、そこでの案内板です。1974年(S49)10月1日開所とあります。
長嶋茂雄氏が「巨人軍は永久に不滅です」と引退表明したのがこの年の10/12で、そういう時代にできた望遠鏡です。ちなみに同じ日に中日が優勝だったとのこと。
e0208718_20103521.jpg
ドーム外観。建物部の石タイルが特徴的です。
e0208718_20114337.jpg
今年はケータリングのピザ屋さんが来ていました。
e0208718_2038138.jpg
ステンレスのドーム部は40年以上経過で一部錆がみえますが、全体的には輝きを有しており太陽光をまぶしく反射させていました。
e0208718_20122611.jpg
ドーム製作は堂平天文台ドームも担当した三井造船です。
e0208718_20531776.jpg
写真乾板です。35.6cm角1mm厚のガラスが用意されていました。コダック社製と記載があります。
e0208718_20533162.jpg
誇張して赤線を追記していますが、肌色になった裏面押せえ部が中凸形状になっているのがわかりますでしょうか?完全なフラット形状ではなく、望遠鏡の結像面に合わせて中凸状になっています。
e0208718_2054393.jpg
写真から撮像素子に代わっていますが、その試作です。黒い枠内にあるCMOSの配置が、上述の中凸形状に沿って配置されています。厳密にはCMOS単体も曲面に作らないといけないのですが、聞くとこの分割なら公差内とのことで、我々が使用するデジカメと同等フラットのままです。
これは試作のため一列分しかありませんが、Tomo-e Gozen projectではXY8x12列分の配置で実視野9°相当を得る予定とのことです。その視野は10x50WX双眼鏡と同等の視野で、かなりの広視野であることがわかります。CMOS間は写らない領域が出るのですが、そこはアマチュアの撮影と同じようにモザイク撮影するのだそうです。
e0208718_21191095.jpg
今年初公開の「自動現像暗室」です。ワクワクしますね。
e0208718_21301931.jpg
手で現像しているとガラス乾板を割ってしまうので、自動で現像できる装置が置かれています。赤丸部に乾板をセットします。リニアスケールと駆動部がX,Zに用意されており、自動で現像工程を流せるようになっていました。
e0208718_21193362.jpg
概要解説です。
e0208718_23362918.jpg
この105cmシュミット望遠鏡用のブリンクコンパレータは、大阪市立科学館に展示されています。
e0208718_2336397.jpg
その解説です。
[PR]
# by Starlight_365 | 2017-09-17 21:46 |  ・ニコンの望遠鏡 | Comments(0)
その1からの続き。
メインの105cmシュミット望遠鏡。
補正板径1050mm、主鏡径1500mm、焦点距離3300mm、F=3.1。シュミット望遠鏡の場合、補正板径で語られるのですが、主鏡サイズは、当時国産最大の直径150cmあります。
e0208718_20452580.jpg
こちらは以前、カメラを渡し撮影して頂きました。
e0208718_20453278.jpg
人のサイズからも、この望遠鏡の大きさがわかるかと思います。
e0208718_2053323.jpg
ローアングルで撮影するとその大きさが引き立ちます。ニコン75年史によれば、搬入時は全体を分割し、複数台のトラックで運搬とのこと。その際、山道での振動、衝撃を極限に抑えるためトラックごとに加速度計を取り付け、コースごとの走行速度(例えば時速6km徐行)を決め運搬したとのことです。
その頃の様子を伝える写真が国立天文台アーカイブ新聞804号(pdf)825号(pdf)826号(pdf)870号(pdf)に掲載されています。
e0208718_2046964.jpg
望遠鏡の断面図です。写真乾板ホルダーと記載あるところが焦点面であり、鏡筒のど真ん中にあります。今は、ここに撮像素子が配置されています。ちなみに素子はキヤノン製です。
e0208718_20595279.jpg
ドームに白い布がつるされています。これはホワイトバランスをとるための布で、アマチュアの天体写真と同じです。
e0208718_20501226.jpg
こちらは対物プリズムで、断面図にあるように鏡筒先端に付けます。頂角2°と4°用があり、グラブパーソンズ製、枠は法月鉄工所製(続アマチュア天文史P289より)とのことです。
e0208718_2046469.jpg
こちらもカメラをお渡しし撮影して頂いた画像です。主鏡側のカバーと思われます。
e0208718_20473332.jpg
こちらはロボットアーム。三菱電機製です。フィルター交換で活躍します。鏡筒にロボットアームがあるのはこの望遠鏡だけとのこと。
e0208718_20474069.jpg
フィルターストックと左に赤フィルターが挿入された状態が撮影されています。先のロボットアームにて、フィルターストックから取り出し、左に差し込みます。つかむところは、ステンレスのピンが2本見えています。
e0208718_20482426.jpg
駆動系の解説です。2013年に西村製作所にてモータ直結に改造されました。40年以上経過した望遠鏡がキヤノン、三菱電機、西村製作所、ニコンと国内の名だたるメーカの手によって今でも最新の機材として生かされています。
e0208718_20483027.jpg
昔のギア群です。約100個の歯車を使用し、大口径歯車は直径216cmで、ピッチ円誤差5μm以下という超高精度仕上げです。追尾精度(大気誤差除く)は周期誤差1秒以内とこれまた超高精度とのことです(ニコン75年史による)。
e0208718_20483546.jpg
モータの発達で今はダイレクトドライブが可能。
e0208718_20484492.jpg
20cm案内鏡(焦点距離3300mm(国立天文台アーカイブ新聞927号pdf参照))です。笠井トレーディングのSTマイクロフォーカス接眼部と思われるものに交換されています。主鏡筒の焦点距離と合わせているのがポイントでしょうか。この頃はすでに量産の20cm屈折(F=12)も製作されており、3300mm(F=16.5)となると特注の焦点距離鏡筒となります。特別公開での夜の観望は、おそらくこの鏡筒で実施されたと思います。機会があれば観てみたいです。
e0208718_20514661.jpg
過去はこのようになっていました。
e0208718_2049042.jpg
別のアングルからです。
e0208718_20491654.jpg
接眼部はK-60mmです。
e0208718_20505456.jpg
こちらは後部の接眼部です。O-13mmの接眼レンズがついていました。
e0208718_2052497.jpg
鏡筒裏面部です。約2m程あります。主鏡サイズは冒頭でも述べました通り、150cmあり、重量は1350kgあります。裏面、側面部より18カ所で均一に支えられ、各支持点は球面軸受けを介して天秤はかりのようにバランスがとられているとのことです(ニコン75年史より)。
e0208718_20521216.jpg
主鏡を蒸着する際の、鉄路が引かれています。
e0208718_20521889.jpg
1階天井から見上げた開口部です。
e0208718_20523054.jpg
そのまま地下蒸着室に降ろせる構造になっています。現在は蒸着は外注で、使われていないとのこと。
e0208718_20523557.jpg
特別公開日では展示スペースとなっていたため、運搬用の大型ケースが外に置かれていました。
e0208718_20531059.jpg
最後に、105cmシュミット望遠鏡の銘板です。

天文月報バックナンバーに105cmシュミット望遠鏡の記事があります。
1973年10月表紙1973年10月
1975年1月その1(pdf)その2
天文月報1994年8月(pdf)
[PR]
# by Starlight_365 | 2017-09-17 21:42 |  ・ニコンの望遠鏡 | Comments(0)
ペルセウス座流星群の時期が近づいてきました。夜空の暗い場所を求めて、検索でこのブログに到達される方が毎年増します。

ところでWeb上には光害マップと検索するといろいろありますが、各マップの色でどの程度の天の川や星空が見えるのかということを詳細に謳ったサイトは見られませんでした(昨今だとおおまかな記載ならこちら「光害.net」に有ります。)

海外では空の暗さを階級分けし天の川・星空の見え方を付記したBortle Scale(ボートル スケール)が有名ですが、多くの光害マップはBortle_scaleとの紐づけが弱い(単に「この色はこの夜空の暗さ・数値です。」を示しただけ(学術的には正しいですが))ため、各マップに描かれた空の暗さ示す色や単位を読み取り、Bortle Scaleのこのランク相当くらいか、と頭の中で変換するパターンが実情でした。

当時このような背景と、どの暗さから天の川が見えるのだろうという好奇心から10年程前、実際の天の川・星空の見え方と光害マップの色・数値の紐づけをしたく、SQM(Sky Quality meter)にてデータの取得とその各場所での星空の見え方を記録しました。


天の川・星空の見え方と日本国内の光害状況との対比をここではまとめました。
-------------------------------------------------------
Q.天の川を見るには、どれくらいの暗さの所に行けばいいですか?
A.以下マップの黄緑色以上の暗さの所に行って頂けると良いでしょう。

-------------------------------------------------------
黄緑色の場所でも、以下の場合は見え方を阻害します。
  ・雲がある時。霞や霧、PM2.5などで透明度が悪い時
  ・月・太陽が出ている時。日出・日没前後約1.5時間内
  ・天の川が夜空にない時期・時間帯
  ・視界が狭すぎる場所
  ・街灯が近くにある時
  ・眼に光を当てた時
  ・自動車のライトをつけっぱなしにしている時 (他の方の迷惑にもなります)
  ・視力を上げる補助器具(眼鏡、コンタクトetc)を忘れた場合

-------------------------------------------------------------------------------------
【夜空の見え方表】
e0208718_19221736.jpg
(
表クリックで拡大)
・記載者がデータ取得時に得た情報であり、Bortle scaleとは見え方に差があるかと思います。しかし、参考にはなると考えます。
・『夜空の見え方表』で詳細記載通り、黄色エリアでも天の川は見えますが、より詳細に且つ感動的に見たい場合は、可能な限り暗い場所に行かれることをお勧めします。

------------------------------------------------------------------------------------
【光害マップ】
GoogleマップにSQM(Sky Quality meter)で計測したプロットを掲載しています。およそ北関東を中心に約5kmメッシュで計測しました。最遠はオーストラリアのプロットです。各データは10年程前です。10年前なので使い物にならないかというとそうでもなく、局所的に見れば街灯の設置前後や大型店舗の有無前後で大幅に変わりますが、広範囲で見ればそれほど大きな変化はないようです。

・SQMによる調査(Googleマップにプロット)
e0208718_1963145.jpg

・上記プロットと衛星画像を組み合わせ処理し、『夜空の見え方表』の色と対比させたのが以下の光害マップとなります。(各画像をクリックで拡大可)

【北海道】
e0208718_195366.jpg
【東北】
e0208718_1952077.jpg
【関東】
e0208718_1954050.jpg
【中部】
e0208718_1955815.jpg
【関西】
e0208718_1962020.jpg
【中国・四国】
e0208718_1963923.jpg
【九州】
e0208718_1965929.jpg

最近では、以下の優れたサイトもあります。これがBortle_scaleの階級別色、天の川の見え方別に切り替えられるなどになってくれると、私が目指していた物になります。
・Light pollution map info

よい星空をお楽しみください。
[PR]
# by Starlight_365 | 2017-08-11 18:08 |  ・Sky Quality Meter | Comments(0)
原村星まつりに行ってきました。昨年も参加しましたが、写真は撮っていませんでした。
e0208718_21374782.jpg
e0208718_21375659.jpg
北軽さんのRPLシリーズアイピースです。
e0208718_2138495.jpg
BinoTechnoさんの双眼望遠鏡です。
e0208718_21381174.jpg
直角正立ミラーEZMと呼んでいます。
e0208718_2139480.jpg
ニコンさんのWX双眼鏡です。
e0208718_21383331.jpg
タカハシさんのTOA60Q鏡筒です。非常にスリムです。
e0208718_2138435.jpg
タカハシさんブースでこれからジャンク市が始まります。ジャンクの神様、ジャンクの皇帝、ジャンクの王様、ジャンクの帝王、ジャンクの殿様、ジャンク大臣が勢ぞろい。さて誰のことでしょう。
e0208718_21384877.jpg
怪しーが挨拶のギガオプトさんです。
e0208718_21385525.jpg
リコーさんブースです。
e0208718_21391160.jpg
月が大きかったですが、透明度良いきれいな空でした。
[PR]
# by Starlight_365 | 2017-08-07 21:48 |  ・原村星まつり | Comments(0)
胎内星まつり2017に行ってきました。
今年は8/22の皆既日食のため、初めての7月開催となりました。
今年もなんと雨が降りました。
e0208718_22141019.jpg

双眼望遠鏡のビノテクノさんや忍者レフやCP+にて台湾メーカのクリップオンフィルタを紹介しているよしみカメラさんも出店されていました。
e0208718_22151763.jpg
土曜日朝の様子。ホースシューの大型ドブも来ていました。

ここでしかお会いできない方々もいるため、お話に夢中になり写真は少なめです。
e0208718_22195043.jpg
先日発表されましたEM200MRD
e0208718_22212035.jpg
首長で剛性など大丈夫なのかと心配される方もおられるかもしれませんが、実物を見れば全く問題なさそうでした。食わず嫌いにならず、実物を見たほうが良いです。HP発表時の写真にはない極軸後方のバランサーがあります。
e0208718_22264316.jpg
1.7倍エクステンダーが組み込まれたFOA60
e0208718_22314485.jpg
昭和機械製作所からポータブル新赤道儀、18E型赤道儀(ARTEMIS)。何かに似ています。あれです。GN-170。
e0208718_22344820.jpg
電気補正なしでピリオディックモーション±1.17秒!文字が小さいので、テキストにします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
New Type Portable Equatorial Mount
Model No:18
SHOWAのポータブル赤道儀が、比類なき超高精度追尾で新登場。
現在開発中の昭和機械製作所 18E 赤道儀(ARTEMIS)は20~25cmクラスの反射望遠鏡、
10~15cmクラスの屈折望遠鏡の搭載に適した軽量タイプの赤道儀です。プロ仕様の大型
探偵望遠鏡栓架台と同様な超精密加工技術とノウハウが高い追尾制度を実現しました。電子的な
誤差補正なしでピリオディックモーションエラー±1.5″を実現。焦点距離600mmまでの望遠鏡なら
ガイディング無しで長時間の追尾が可能です。従来機NEW20Eを継承した架台の分割様式により
移動観測に最適です。オプションのインテリジェントコントローラを装着すれば、パソコンで天体の
自動導入も行えます。

高精度歯研ウォームギア全周駆動
ステッピングモータ 水晶発振マイクロステップ方式
最大搭載重量25kg (不動点から20cmの位置にて)
極軸調整範囲 高度 0~90°、方位±5°
不動点:1150mm
重量:役21.5kg(赤経体11kg、赤緯体10.5kg)
オプション:ピラー脚、三脚、オートガイドケーブル、望遠鏡制御コントローラ(ATLASTAR)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
e0208718_22541622.jpg
昨年話題になりましたWX双眼鏡がありました。あいにく天気でしたが、雲の合い間から月とポリマを見ました。
[PR]
# by Starlight_365 | 2017-07-30 23:00 |  ・胎内星まつり | Comments(0)
ブログトップ