四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

e0208718_21592696.jpg
2017.5.20 22:43
SkyWatcher BKMAK180(F15、f=2700mm), Meade x3バロー , GN170 , ZWO-ASI120MC ZWO-ADC  スタック:AutoStakkert!3.0.14(12,000frame、50%)  Wavelet処理:Registax5.1 Iviewで調整

[PR]
# by Starlight_365 | 2017-05-21 21:07 |  ・惑星・彗星 | Comments(0)
e0208718_0305389.jpg
2017.5.5 21:09
SkyWatcher BKMAK180(F15、f=2700mm), Meade x3バロー , GN170 , ZWO-ASI120MC ZWO-ADC  スタック:AutoStakkert!3.0.14(11,000frame、15%)  Wavelet処理:Registax6 Iviewで調整
[PR]
# by Starlight_365 | 2017-05-07 00:36 | ・惑星・彗星 | Comments(0)
N遊びの次は、Z遊び。
e0208718_21582943.jpg
GWも真っ只中。望遠鏡オフ会2017in小淵沢に参加してきました。絶好の晴天とシーイングに恵まれた一晩となりました。
e0208718_21584615.jpg
歴代のZeiss鏡筒が両手の指では足りないほど並びました。
e0208718_22175331.jpg
MAK180も美しい。
e0208718_21585598.jpg
Zeissのみならず、TOA、TMB、45cmドブが月、木星、彗星、星雲を狙い、それぞれの特色ある姿を楽しむことが出来ました。

e0208718_21593751.jpg
全鏡筒が木星を狙い撃っているようです。

より詳しい様子は、abe1998さんの「Zeiss_Telementor_World」ブログの以下二記事にて紹介して頂いております。
望遠鏡オフ2017に参加する
望遠鏡オフ2017に参加する[その2]

以下、おまけ
e0208718_22162573.jpg
こちらは家にあるパーツ

[PR]
# by Starlight_365 | 2017-05-05 21:54 | ◆イベント | Comments(0)
e0208718_23121869.jpg
中野にはDeepな居酒屋があります。店の名も「tokinon 50/1,4」。
e0208718_23131836.jpg
居酒屋内でこんな写真展が催されています。
e0208718_23142157.jpg
写真・カメラ好きなら誰でもOK。
e0208718_23145325.jpg
延々とカメラとレンズの話しかない、癒される空間。
e0208718_23219100.jpg
立会川より望む
e0208718_23222636.jpg
新幹線からの風景
[PR]
# by Starlight_365 | 2017-05-02 23:10 | ◆その他 | Comments(0)
国立科学博物館 筑波地区
【地図】

【衛星写真】Googleマップ

4/22に国立科学博物館 筑波地区にて『科博オープンラボ2017』が催され、行ってきました。この科博オープンラボは、HPによれば国立科学博物館 筑波地区での研究活動を広く皆さんに知って頂くための企画で、普段は公開されていない研究スペースを年一回だけ特別公開します。
e0208718_2581058.jpg
10時オープンですが、9時過ぎには多くの方が並んでいました。自然史標本の見学では、貴重な標本の数々を見ることができました。しかし、それでも大英博物館と比べると歴史も浅く、標本数は1/10と桁が違うとのことです。
e0208718_2581963.jpg
このブログに関するお目当ての天体機材は、理工第1資料棟にあります。しかし、天体機材以外にも数々の歴史ある飛行機、自動車、鉄道、装置、計算機など日本の歴史を刻んだ多くの必見物がありました。
e0208718_341537.jpg
理工第1資料棟横には固体燃料のLambda3ロケットもありました。

棟内は撮影禁止のため、当日配布されましたパンフレットを掲載します。
e0208718_35473.jpg
50cm彗星写真儀(F2/f=1000mm、写野6°円、乾板では10.5cm、フィルムでは9.6cm画面サイズ(天文月報1968年4月号より))。国産初の本格的シュミットカメラです。1964年9月に国立天文台堂平観測所に設置され、2000年の閉所後に科博に来ました。

シュミットカメラの場合、50cmというサイズは補正板の有効口径のことを指すので、主鏡サイズは約70cm以上はあったと考えられます。残念ながら主鏡サイズが記載された資料をまだ見つけられていません。左側にある案内鏡は天文月報1968年4月号によれば、10cm屈折、f=1500mmとのことです。
e0208718_355780.jpg
60cm反射赤道儀。パンフレットによると1973年3月から2005年まで科博本館(上野)の屋上の第2ドームに設置されていた反射式望遠鏡です。本機材の導入経緯は天文月報1978年4月号にて触れられています。昨今のように自動導入ではないため粗動は手動で導入し、微動のみ電動でした。

手前にある鏡筒は20cm屈折で、途中から搭載されたとのことです。 シリアルナンバーは201027で、浜松市天文台の次の番号であることから1982年頃に搭載されたと推定されます。浜松市天文台がアポクロマートであったこと、旧20cm屈折赤道儀もアポクロマートであったことからこれもアポクロマートだと推定します。

ちなみに、60cm反射赤道儀の写真などはWeb上でも見かけませんが、倖田來未 / love across the ocean(You Tube)のプロモーションビデオ中の1min35secあたりから見ることができます。貴重な動画です。
[PR]
# by Starlight_365 | 2017-04-23 00:56 |  ・ニコンの望遠鏡 | Comments(0)
ブログトップ