四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

CP+2017 その2

その2です。
BORGさんのブース
e0208718_2152990.jpg
昨年新発売された107FL。天文回帰ということで、望遠レンズスタイルではなく、望遠鏡のスタイルでの展示。白鏡筒が出てくれるでしょうか。黒だとうっかりぶつかってしまいます。
e0208718_21522559.jpg
参考出品のシグマSAマウントと115マルチバンド。107FL用のΦ115鏡筒が出る兆しなのでしょうか。もしそうだとすれば、期待!

サイトロンジャパンさんのブース
e0208718_21525093.jpg
82°の7mm、15mm、23mmのアイピースセット。
e0208718_2153420.jpg
セレストロンのポータブルリチウムバッテリー

ケンコー・トキナー/スリックさんのブース
e0208718_21534933.jpg
参考出品の防振双眼鏡です。Zeiss、フジノン、ニコンからも防振双眼鏡はありますが、比較的気軽に手に届く価格で提供しているキヤノン一強寡占状態です。ちょっと期待したい防振双眼鏡です。
e0208718_21535997.jpg
10x30、14x30の2種。480g。プリズムを二軸ジンバルで制御する光学補正機構。補正角度±3°。使用電池:CR2x1。12時間。
電池は単三が良かったですが、12時間も持ちます。質量はキヤノンの8x25ISを意識してか、それより10g軽いです。
e0208718_215821100.jpg
タイムラプス赤道儀。
e0208718_22291780.jpg
バッテリーが2時間しか持たず、電力食いなのが惜しいです。
e0208718_21541440.jpg

ケンコー・トキナーさんのブース(望遠鏡コーナー)
e0208718_21545091.jpg
二軸微動になっています。
e0208718_2155465.jpg
スカイメモSの弟分スカイメモT。
e0208718_21551744.jpg
スマートフォンで各種設定ができます。
e0208718_21552699.jpg
アプリで北極星の位置も表示します。
e0208718_21553485.jpg
極棒パターンはシンプルです。
e0208718_21554963.jpg
フリーストップ経緯台です。
e0208718_21555791.jpg
アーム部分に抜きがあり、お子さんでもここに指を通すことで持ちやすいのではないかと思います。
e0208718_2156659.jpg
アームの角度変更もできます。
e0208718_2244581.jpg
Meadeの4000シリーズアイピースです。製造場所など変えながらも30年以上販売しているロングセラーアイピースです。

リコーさんのブース
e0208718_21561853.jpg
XWアイピースの使用例として、75SDHF屈折赤道儀が展示されていました。双眼鏡コーナーがブースの真裏で扱いが可哀想でした。

興和光学さんのブース
e0208718_21542175.jpg
口径55mmフローライトのフィールドスコープです。日本では直視が7,80%ですが、海外では傾斜がその%の割合で売れるとのことです。



SONYさんのブース
e0208718_21532337.jpg
国際宇宙ステーションに採用されたソニーのカメラです。アルミのハウジングが大して肉抜きされておらず、昨今はこの程度の軽量化でよいのかと思いました。
e0208718_21533388.jpg
スペースカメラはニコンやハッセルブラッドが有名ですが、ミノルタ時代にミールに搭載されています。

NiSiフィルターさんのブース
e0208718_22562.jpg
忍者レフで有名なよしみカメラさんと共同出店。熱線フィルターというのでしょうか。ガラス中央部まで通電するため、中央は曇っていましたというオチがないフィルターです。
e0208718_2252086.jpg
クリップフィルターは天文用もありました。

日本カメラ博物館さんのブース
e0208718_2253451.jpg
ティンカーベルが躍るゾートロープ。谷中レトロカメラ店の謎日和を読んでみましょう!
[PR]
by Starlight_365 | 2017-02-27 00:00 |  ・CP+ | Comments(0)
ブログトップ