四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

【科博】近代天文学史の宝庫:山本天文台を探検する 6/17

e0208718_12242454.jpg
上野の国立科学博物館にて「近代天文学史の宝庫:山本天文台を探検する」の講演に参加しました。無料(入館料は有料:リピーターズパスが便利)の講演のため誰でも気軽に入れます。
e0208718_12243739.jpg
テーマによって参加したりしなかったりですが、今回は普段より多くの方が参加されていたようでした。遠く四国・関西から来られた方もおられ、山本一清氏の人気はいまだに続いています。
e0208718_12244719.jpg
山本一清氏のプロフィールから始まり、自宅の天文台の話(特に天文台構造、書斎の六角形回転テーブル)、貴重な資料の数々、はく製を利用した南天星座(巨嘴鳥、サソリ)の紹介、3回の皆既日食観測、水沢観測所との縁、Shapley氏(1885-1972:ハーバード天文台長)との親交、京大花山天文台セミナーハウス、ミュージアム構想のお話でした。
Shapley氏が一清氏の天文アマチュアとの関わりに関して刺激を受け、天文同好会Bond clubを設立し、その機関紙がSky&Telescopeになったとのことです。今ではゴシック体になった「Sky」の文字ですが、その由来はSky&TelescopeのHPにも載っておらず、かつての筆記体の「Sky」はShapley氏の直筆だったということは、個人的に大きな発見でした。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-06-18 11:57 | ◆イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://astro365.exblog.jp/tb/25871270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ