四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

京都大学 花山天文台

カルバー46cm望遠鏡を掲載したなら山本一清博士のゆかりの地、京都大学 花山天文台も行きたくなってきます。丁度「京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開」の一環で 京都大学 花山天文台が一般公開されています(~9月30日まで)。
e0208718_60950.jpg

e0208718_5562295.jpg
期間中、京都地下鉄東西線東山駅から無料のバスが出ています。バスは東山ドライブウェイに入り、正門前が終点となります。
e0208718_605136.jpg
門柱の表札。

e0208718_5433811.jpg
緑銅色が非常に美しいです。
e0208718_5373032.jpg
私見ですが、ドイツ ポツダムにあるアインシュタイン塔(1920~)にも少し雰囲気が似ているところがあるかと思いました (但し、山本博士がアインシュタイン塔を訪れたという事実は無いようです(単に調査不足かもしれません)。代わりにアインシュタイン塔の主任であったE.フロインドリッヒ博士が花山天文台建設開始前の1926年に来日しているようです:天界1940年第235号)。花山天文台は1927年に建設が始められ、1929年10月に開所しました。
e0208718_7325100.jpg
CarlZeiss45cm屈折望遠鏡(1969~)。山本氏は1959年に急逝されているため、この望遠鏡は見ていません。
e0208718_7345428.jpg
ドームは川崎造船が製作しました。10月開所より7か月遡り昭和四年三月と記載があります。
e0208718_73333.jpg
もともと英クック30cm屈折望遠鏡(1927年輸入、1929年現地に設置)が導入されていました。そのレンズが、すぐ近くの歴史館の方で展示されています。
e0208718_794797.jpg
この歴史館ですが、もとは子午線館として1929年10月12日に開館したとのことです。中央に車輪がついたやぐらがありますが、これが左右に動き天井が開閉されます。
e0208718_7245310.jpg
現在、観測位置には、ファウス製子午環が設置されています。天井が開口された状態です。今は、ガラスが入っています。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-18 22:30 | ◆公開天文台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://astro365.exblog.jp/tb/25979750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ