四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

Nikon Museum ★ニコンの望遠鏡がある施設★ -番外編-

Nikon Museum
【地図】

【衛星写真】Googleマップ

7/24にリニューアルされてから、新たに20cm屈折が展示されるようになったようです。また、宇宙関連のパネルも以前より大きくなっています。
e0208718_00182350.jpg
JR品川駅を降りて品川インターシティC棟に向かったとことにニコンミュージーアムがあります。
e0208718_00253457.jpg
途中にミュージーアムの行先案内があります。
e0208718_02280661.jpg
10/3より「Fマウント・NIKKORの世界」が企画展示されています。
e0208718_00322877.jpg
身近な位置に20cm屈折が展示されています。
e0208718_02132845.jpg
案内板を読みますと、以下のような開発背景があったとのことです。
「ニコン(当時:日本光学工業)が東京天文台(現:国立天文台)などの専門家の意向を取り入れて開発し、1965(昭和40)年に発売開始。」
e0208718_00325992.jpg
対物レンズ側から撮影。Nikon D=200mm F=2400mmの刻印が確認できます。
e0208718_00323990.jpg
接眼部側からの撮影です。
e0208718_00331804.jpg
ファインダ部です。
e0208718_00332823.jpg
6.5x50 3°と刻印があります。
e0208718_00334569.jpg
接眼部にはH-60mmが設置されています。
e0208718_00335445.jpg
鏡筒のシリアルナンバー。No.2018。
案内板によれば「1970(昭和45)年に製造され、2009(平成21)年まで徳島市立高等学校でクラブ活動などに使用された。」と記載あります。


フィッシュアイ・ニッコール投影式天球儀
e0208718_01360189.jpg
今回訪れたもう一つの目的として、メガスターで有名な大平貴之氏とのコラボレーションで生まれたフィッシュアイ・ニッコール投影式天球儀です。こちらは企画展のため2017/12/27までです。
Fisheye-Nikkor 6mm f/2.8で180°超えの220°天球儀が見られます。天球儀は天球の外から見た星座配置に変換されますが、今回の天球儀は地上から見慣れた配置になっています。
e0208718_01363593.jpg
案内板です。
e0208718_01361394.jpg
さそり座、いて座付近です。天球儀は北極星を中心に1,2分程で回転しており、四季折々の星空を見ることができます。
e0208718_01362016.jpg
夏の大三角付近の天の川です。
e0208718_01362978.jpg
下からの撮影です。MEGASTARとFisheye-Nikkor 6mm f/2.8があり、投影されています。
e0208718_01561891.jpg
NikonF ニコンメーター付
e0208718_01560981.jpg
Fisheye-Nikkor 6mm f/2.8S ミュージーアムに来ると幻のレンズも目に前にすることができます。
e0208718_01553446.jpg
Nikkorレンズ群の数々。
e0208718_01554340.jpg
望遠レンズ群も圧巻です。
e0208718_01555171.jpg
これも幻のレフレックスニッコール2000mm。
e0208718_02155487.jpg
NIKKOR最長焦点距離は3,750mmで岐阜天文台の25cm屈折です。

PS. 2017.10.26
ニコンちゃんが壮大ですごいな~♪来てね~と呟いています!




[PR]
by Starlight_365 | 2017-10-22 02:30 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://astro365.exblog.jp/tb/26125621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yana at 2017-10-22 21:41 x
取り上げて頂いてありがとうございます。
これの設置に高校1年生の時に立ち会った者です。
Commented by Starlight_365 at 2017-10-23 02:02
yana様
コメントありがとうございます。テーマ範囲が非常に狭所的で万人受けしないと思われるブログですが、まさかの立会された方に巡り合えたことに非常に嬉しく思います。このような望遠鏡が設置され、多くの学生に影響を与えたことと思います。

テーマを絞って今はニコンの望遠鏡を追っかけていますが、宇宙の夢を与えた機材の数々を巡っていきたいと思います。
Commented by やまさん at 2017-10-25 23:03 x
ニコン20cm屈折赤道儀をご紹介いただきありがとうございます。
望遠鏡前の集合写真に写っている者の一人です。
残念ながら赤道儀は廃棄されてしまいましたが、何とか鏡筒だけは日の目を見ることができました。
Commented by Starlight_365 at 2017-10-27 00:01
やまさん様
 コメントありがとうございます。私の高校はこんな素晴らしい望遠鏡はなかったので本当に良い環境で羨ましい限りです。
 個人的な推定ですが、工業製品は40、50年、建築物は60、70年までにほとんどが消失し、それを超えて生き抜いた物が希少価値として急に脚光を浴びているようです。
 この鏡筒もそのカテゴリー入りし、観測機器という役目は終わってしまいましたが、第二の人生として展示という形で多くの方に見てもらうこととなり、きっと幸せかと思います。
ブログトップ