四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

カテゴリ:  ・胎内星まつり( 8 )

胎内星まつり2017に行ってきました。
今年は8/22の皆既日食のため、初めての7月開催となりました。
今年もなんと雨が降りました。
e0208718_22141019.jpg

双眼望遠鏡のビノテクノさんや忍者レフやCP+にて台湾メーカのクリップオンフィルタを紹介しているよしみカメラさんも出店されていました。
e0208718_22151763.jpg
土曜日朝の様子。ホースシューの大型ドブも来ていました。

ここでしかお会いできない方々もいるため、お話に夢中になり写真は少なめです。
e0208718_22195043.jpg
先日発表されましたEM200MRD
e0208718_22212035.jpg
首長で剛性など大丈夫なのかと心配される方もおられるかもしれませんが、実物を見れば全く問題なさそうでした。食わず嫌いにならず、実物を見たほうが良いです。HP発表時の写真にはない極軸後方のバランサーがあります。
e0208718_22264316.jpg
1.7倍エクステンダーが組み込まれたFOA60
e0208718_22314485.jpg
昭和機械製作所からポータブル新赤道儀、18E型赤道儀(ARTEMIS)。何かに似ています。あれです。GN-170。
e0208718_22344820.jpg
電気補正なしでピリオディックモーション±1.17秒!文字が小さいので、テキストにします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
New Type Portable Equatorial Mount
Model No:18
SHOWAのポータブル赤道儀が、比類なき超高精度追尾で新登場。
現在開発中の昭和機械製作所 18E 赤道儀(ARTEMIS)は20~25cmクラスの反射望遠鏡、
10~15cmクラスの屈折望遠鏡の搭載に適した軽量タイプの赤道儀です。プロ仕様の大型
探偵望遠鏡栓架台と同様な超精密加工技術とノウハウが高い追尾制度を実現しました。電子的な
誤差補正なしでピリオディックモーションエラー±1.5″を実現。焦点距離600mmまでの望遠鏡なら
ガイディング無しで長時間の追尾が可能です。従来機NEW20Eを継承した架台の分割様式により
移動観測に最適です。オプションのインテリジェントコントローラを装着すれば、パソコンで天体の
自動導入も行えます。

高精度歯研ウォームギア全周駆動
ステッピングモータ 水晶発振マイクロステップ方式
最大搭載重量25kg (不動点から20cmの位置にて)
極軸調整範囲 高度 0~90°、方位±5°
不動点:1150mm
重量:役21.5kg(赤経体11kg、赤緯体10.5kg)
オプション:ピラー脚、三脚、オートガイドケーブル、望遠鏡制御コントローラ(ATLASTAR)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
e0208718_22541622.jpg
昨年話題になりましたWX双眼鏡がありました。あいにく天気でしたが、雲の合い間から月とポリマを見ました。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-30 23:00 |  ・胎内星まつり | Trackback | Comments(0)
胎内星まつり2016に行ってきました。
今年は原村に行けなかったため、胎内は逃さないようにしていました。

過去の記事を遡るといつも雨が降っているようなのですが、今年も生憎の雨でした。しかし7月に北海道にてお世話になりましたHさんとも再開できたり、逆に多くの皆さんとお話しができ楽しい星まつりでした。


今年は昨年を上回る63店舗が参加で、市のテントが足りないというようなお話が出たくらい大盛況でした。
e0208718_2056112.jpg

Christopher Goさんの講演があるとのことで、参加しました。素晴らしい惑星写真の数々でした。
e0208718_2103084.jpg

Oさんのペンタミラー鏡筒というべきなのでしょうか3回反射屈折です。20cm F15(f=3m)という長大な鏡筒を折り曲げてコンパクト化しています。まだ、形になったばかりとのことで調整はこれからとのことでした。
e0208718_2122788.jpg
Nさんの175mm双眼ですが、残念ながら今年も見られずじまい。
e0208718_2245284.jpg
芝生広場に行くと、一目で只者の所有物ではないと思しきドブが一台。誰のかと思ったらW県のTさんでした。Tさんの発想の豊かさにはいつも敬服いたします。
e0208718_21673.jpg
2日目は晴れ間を期待しましたが、わずかに1等星が見える時があるという程度までしか回復しませんでした。何かの法則のように日曜日の朝はすばらしい晴れ空でした。
e0208718_2110535.jpg
夜店の雰囲気です。
e0208718_2111330.jpg
五藤テレスコープさんの12.5cm屈折鏡筒です。昨年はセルと接眼部の展示のみでしたが、すでに完成販売済みとなっています。いかにも望遠鏡というスタイルが良いです。
e0208718_21132654.jpg
ビクセンさんのHRアイピースです。非常に解像度高くコントラストもよいアイピースで、アイレリーフも10mmと長めで覗きやすいです。R200SSにつけて観た時は、副鏡が大きな写真鏡筒のため全く期待していなかったのですが、意外と見えるぞという感覚を持ちました。短焦点鏡筒に対しては本当に良いアイピースです。
e0208718_2121397.jpg
高橋製作所さんからはミューロン180cです。
e0208718_21322221.jpg
過去のミューロン180のリバイバルですが、コートが増反射コーティング仕様に変更されています。また、ファインダ部が一体物になったことから、ここを持って赤道儀などに搭載しやすくなりました。
e0208718_2133395.jpg
ニコンさんからは超広視界双眼鏡の参考出品です。
e0208718_21362877.jpg

Ultra Wide Binocular
7x50IF FOV 10.7deg AF 75deg (ISO66.6deg)
10x50IF FOV 9deg AF 90deg (ISO76.4deg)
ED glass
Full field sharpness! High contrast! High resolution!
Abbe-König Prismensystem
e0208718_2247369.jpg
e0208718_2247451.jpg
e0208718_22475190.jpg
e0208718_22475886.jpg
e0208718_2248485.jpg
これは何だか、とんでもない化け物双眼鏡が出たようです。
PS. 発売されるようです。(2017.4.3)HP1 HP2
[PR]
by Starlight_365 | 2016-08-29 23:40 |  ・胎内星まつり | Trackback | Comments(6)
胎内星まつり2015に行ってきました。
生憎初日は雨でしたが、そんな雨を蒸発させるほどの活気でした。それは言い過ぎか?
去年からでしょうか?飲食関係が入り口側に固められ、出店も増えていたようです。
e0208718_1333350.jpg

e0208718_1363673.jpg
受付の様子
e0208718_13151450.jpg
福岡の天文ハウスTOMITAさんの星幕。原村に続き、胎内までお疲れ様です。このテントは仮眠して起きたら雨だった、というようなリスク対策に便利だと思いました。眼視派だと、ちょっくら休憩などすると、宴会モードに突入しそうです。
e0208718_13152187.jpg
QHYminiCAM5F。1280*960サイズのCMOSですが、冷却しており且つフィルターターレットも完備しています。販売店側は、オートガイダー用として冷却必要かなと言っていましたが、惑星撮影用によさそうです。
e0208718_13153458.jpg
五藤テレスコープさんの12.5cm屈折(焦点距離1200mm)試作セルと接眼部(奥)です。
e0208718_13154148.jpg
SKYPIX JAPANさんのタイムラプス向けのドーリーシステムです。上下2段になっており、サイズは0.4mですが、可動範囲は0.8mまで可能です。本体部で駆動方法を調整でき、タイムラプスで要求が来る動作はほぼプログラミング可能とのことです。
e0208718_13155086.jpg
タカハシさんのFSQ130ED。胴回りは非常に太く、望遠レンズのように短いです。
e0208718_13155644.jpg
e0208718_011369.jpg
FC-100DL。焦点距離900mmと、保管や車での運搬など昨今の事情を考慮し、例えば1200mmなど無駄に懐古的な長さにしていないのがポイントだと思います。また、質量が3.8kgに抑えているというのも、架台部負荷を鑑みると魅力的なスペックです。
e0208718_1316596.jpg
Vixenさんの手ブレ補正機能付単眼鏡。
 1,2ヶ月前、何気なくHPで見かけ、ビビビッ(死語)ときた製品。対物は、ケンコーのクローズアップレンズに変え、接眼部ももう少しリッチ(死語)なものに変え、もちろん2個買って、目標Canon10x42ISを凌駕する、プアマンズ防振双眼鏡を自作・・・と、妄想がつきません。実際は、プアマンではなく改造失敗しても痛くも痒くも無いセレブ(死語)が実施できるアイデアですが、どなたか実現して欲しいな。
e0208718_14293727.jpg
SBエスビー工房さんのJILVA-170。知り合いが予約しているのですが、HPのブログを見ますと、まだ出荷が半分にも達していないとのこと。人の物ながら到着が待ち遠しいです。
e0208718_1316134.jpg
お知り合いのAPM175mm双眼望遠鏡。天気が悪く見られないのが残念。オーナーとお話中、隣で何やらおばさんが取材されていましたが、Newsを辿っていると、NHKのWebにて胎内星まつりの様子が載っていました。

 その他、普段なかなかお会いできない方々ともお話ができ、短いながらも充実した星まつりでした。
[PR]
by Starlight_365 | 2015-08-22 14:43 |  ・胎内星まつり | Trackback | Comments(0)
e0208718_21261485.jpg
今年は30周年
e0208718_21263850.jpg
初日は生憎の雨でした。
e0208718_21264932.jpg
ES社の15cm屈折
e0208718_21263468.jpg
いい仕事してます、遊馬製作所。お久しぶりで、お元気で何よりです。
e0208718_21265281.jpg
ユニテックです。一周り大きいSWAT300、350が、0.5倍速などいろいろついており良さそうでした。仕上げが綺麗です。
e0208718_21265627.jpg
10月発売のBD42-10DXです。
e0208718_21274117.jpg
50kg搭載可能なEQ8 SynScanです。AZ-EQ6 GTと同じくデュアルエンコーダのため、フリーに開放しても、その後のクランプでGOTO可能とのこと。
e0208718_21271695.jpg
トラックの荷台に、フジノン搭載です。
e0208718_21275725.jpg
タカハシε-130Dです。でも接眼部あたりがHP掲載と違います。
e0208718_2128599.jpg
実はこれ、AFがついています。
e0208718_2129097.jpg
 昭和機械製作所の赤道儀とイタリアOfficina Stellare社の鏡筒。去年もありましたが、メカ機構が面白いです。
--------------------------------------------
[PR]
by starlight_365 | 2013-08-26 21:47 |  ・胎内星まつり | Trackback | Comments(8)
TOAST Technologyさんです。
e0208718_21115275.jpg

 いつもの赤色以外のカラーバージョンが展示されていました。
--------------------------------------------
国際光器/SBIGジャパンさんです。
e0208718_21152676.jpg
 SBIGの製品に関しては詳しくありません。星祭り特価になっているようですが、絶対値が高いため、この分野に踏み入れておらずよくわかりません。

e0208718_21154191.jpg

 夜店の雰囲気。いつものように星祭り特価価格にて売っていました。

e0208718_21155757.jpg
 PHOTON・EDアイピースとGenuine Orアイピースです。Genuineと笠井HC-Orとの違いは、スリーブがストレートなことで、引っかかりがありません。PHOTON・EDアイピースは安かろう、悪かろうではありません。60°という無理のない設計のため予想に反してよく見えます。特に抜けが良いです。NLVなどを買うならこちらをお薦めします。
--------------------------------------------
BENRO三脚さんです。
e0208718_21351780.jpg
 値段にびっくり!!!カーボン三脚が星祭り特価となりこのお値段!!カーボン三脚をお探しの方、Gitzoを買えずうじうじしている方は、来年買いに来ましょう(出店するかはわかりませんが・・・)。Gitzoを買おうと貯めたお金でワンランク以上、上の三脚が手にはいることとなるでしょう。
--------------------------------------------
CONTACTさんです。
e0208718_2149547.jpg

 シンボルマークの30cm反双です。星祭りの出店の灯りで威力が発揮できません。ゆっくり暗い場所で見させて頂くのが幸せの第一歩です。
--------------------------------------------

興和さんです。
e0208718_21592825.jpg
 新シリーズのSV/YFシリーズです。コストパフォーマンス重視のダハ・ポロ双眼鏡。注目は YF30-6 6x30ポロでしょうか。

e0208718_21594350.jpg
 Genesis、BDシリーズです。
--------------------------------------------
アストロアーツさんです。
e0208718_2292571.jpg
 何か新しいデモのが有ったのかもしれませんが、まじめに見ていませんでした。ステラナビゲータのデモをしていました。

------------------------------------------
[PR]
by Starlight_365 | 2011-09-03 22:12 |  ・胎内星まつり | Trackback | Comments(0)
ビクセンさんです。
e0208718_1944452.jpgたくさんの人が往来していました。機材も4台やりくりしており、一般のお客さんに大サービスです。たくさんの天文ファンが生まれると良いですね。
e0208718_19445643.jpgSXP赤道儀です。SXDより強化されています。比較表が有ったのですが、取り忘れました。ADXのスペックダウンであり、SXDとは違うとのこと。確かSXPはベアリングを15個に増している。ステッピングモータにした。搭載重量が増している。StarBookはNGC+IC止まり。Abellなど15cmでも十分見える対象はあるので、もう少しカタログを増やしてもらわないと興味が無いです。。。
(発売されていますので詳細はメーカーHP参照ください)

   反対からのショットe0208718_19451865.jpg
e0208718_2084444.jpg
 ADX赤道儀+R250SS
 木星像が悪いため確認したところ。斜鏡位置が主鏡寄りになっておりレモン型に蹴られていました。斜鏡スパイダとの引き込みクリアランスもあまりなさそうで、どうするのでしょう。デモ品とは言えどうか気づいてから販売してください。

------------------------------------------
K-ASTECさんとTOMITAさんです。
 遠路遙々福岡県からのご参加です。今回は富山で一泊されてからの到着です。K-ASTECさんとTOMITAさんとは15min程近くとのことです。

e0208718_20155176.jpg

MC300GE
搭載重量30kg
赤道儀質量 約21kg
赤い彗星シャー専用カラーです。e0208718_2016855.jpg

e0208718_20162166.jpg

e0208718_20163559.jpg

MC500GE
搭載重量50kg
赤道儀質量 約47kg

e0208718_20165067.jpg

e0208718_20165885.jpg

e0208718_20171350.jpg
OWL110
アタッチメント無し重量 約5kg
EM-10、11、GP、SXがターゲット。


e0208718_20172711.jpg
PTP-3 
アタッチメント無し重量 約8.5kg
EM-200、EM-400、Jシリーズ、ADXがターゲット。

e0208718_20174367.jpg


 TOMITAさんの移動天文台です。きっとこれで多くの方が星を見られたと思います。

------------------------------------------
[PR]
by Starlight_365 | 2011-09-03 20:42 |  ・胎内星まつり | Trackback | Comments(0)
e0208718_1451244.jpg
 今年の出店で変わったところは、K-ASTEC&TOMITAさんの参加、ジズコテレビュージャパンの久しぶりの参加、BENRO三脚です。
 K-ASTECさんは、昨年EM-200BにAGS-1Xの改造をして頂きました。BENROの輸入商社が新潟なのは知りませんでした。確かにカタログを見ると、しっかり本社新潟市と記載されていました。テレビュージャパンは、Delos初レビューでしょうか。
e0208718_1592117.jpg
  まずは、こちらで参加登録。登録しなくても星まつりには参加できますが、抽選会の番号がもらえないため、それには参加できません。
------------------------------------------
スカイバードさんです。
e0208718_15293667.jpg

  うわさのオルゴール赤道儀MusicBox・EQⅡです。一時US製?という話がありましたが、Made in Japanです。初代より機能も増えているようで、お手軽撮影に最適です。
e0208718_15294976.jpg
 Explore Scientific社の100°アイピースです。14mmはETHOS13というお手本が有ったため、優秀です。ということはETHOS21より先に出しの20mmは察する通りという噂。とはいえ、この円高で個人輸入をしてしまえば、コストパフォーマンスはピカイチなので、気軽に100°を味わいたい場合は打って付けですね。

------------------------------------------
 タカハシさんです。
e0208718_15543121.jpg
 PM-1赤道儀、TAK-UWアイピースの新製品組み合わせセット。TSQ85EDも含めたら、さてHow much?私の財布は薄ので手に届きません・・・。
e0208718_15544392.jpg

 原村と同じTAK-UWアイピース。観望広場で、原村でも参加されていました○×さんのTOA130双眼がありました。目元にはTAK-UW10x2が。。。予想通り、双眼視未考慮のため鼻頭に当たるとのことで、ゴム部は取り外していました。 
e0208718_1840549.jpg
 夜は晴れたため、木星がよく見えました。

------------------------------------------ ユーハンさんです。
e0208718_16131724.jpg

 双眼鏡を楽々操作出来るユーハンターです。
e0208718_16132641.jpg

 これはE.T.でしょうか。こちらもお手軽機材です。いずれも双眼鏡を固定してるので、観望会など複数の方々に見せるのに最適です。
e0208718_1613362.jpg

 原村でのレビューでも記載したポタ赤の赤緯軸があるバージョンです。
e0208718_16134222.jpg


------------------------------------------
[PR]
by starlight_365 | 2011-09-03 15:31 |  ・胎内星まつり | Trackback | Comments(0)
e0208718_2331371.jpg
e0208718_23314422.jpg
 胎内星まつり2011に行って来ました。
大雨から一転の晴天です!

e0208718_1413343.jpg
 この坂道を登り切ると胎内星まつり会場です。
e0208718_14131526.jpg
 会場Map A、B、Cの方向から撮影したのが以下になります。
e0208718_14132780.jpg
  A方向。こちらは下り坂になっています。初日の7時頃に到着しましたが、写真のような車3,4台分の場所取り(写真中央と奥)など横行しています。お友達のためにと言うことでしょうが、こういった行為は残念ですね。2台目分以降確保の場合は5,000円を納めるなどすれば、町も潤うのではないでしょうか。
e0208718_14133797.jpg
 B方向、交差点部位。夜になると、ここはひっきりなしに車が往来します。気をつけましょう。
e0208718_14135322.jpg
  2日目の写真ですが、広々とした広場があります。キャンパーの灯りがあるため、Deepな観望者向けではありませんが、ここでは唯一落ち着いて観望ができ、且つ暗い場所です。
--------------------------------------------
[PR]
by starlight_365 | 2011-08-28 23:42 |  ・胎内星まつり | Trackback | Comments(0)
ブログトップ