四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

胎内星まつり2017に行ってきました。
今年は8/22の皆既日食のため、初めての7月開催となりました。
今年もなんと雨が降りました。
e0208718_22141019.jpg

双眼望遠鏡のビノテクノさんや忍者レフやCP+にて台湾メーカのクリップオンフィルタを紹介しているよしみカメラさんも出店されていました。
e0208718_22151763.jpg
土曜日朝の様子。ホースシューの大型ドブも来ていました。

ここでしかお会いできない方々もいるため、お話に夢中になり写真は少なめです。
e0208718_22195043.jpg
先日発表されましたEM200MRD
e0208718_22212035.jpg
首長で剛性など大丈夫なのかと心配される方もおられるかもしれませんが、実物を見れば全く問題なさそうでした。食わず嫌いにならず、実物を見たほうが良いです。HP発表時の写真にはない極軸後方のバランサーがあります。
e0208718_22264316.jpg
1.7倍エクステンダーが組み込まれたFOA60
e0208718_22314485.jpg
昭和機械製作所からポータブル新赤道儀、18E型赤道儀(ARTEMIS)。何かに似ています。あれです。GN-170。
e0208718_22344820.jpg
電気補正なしでピリオディックモーション±1.17秒!文字が小さいので、テキストにします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
New Type Portable Equatorial Mount
Model No:18
SHOWAのポータブル赤道儀が、比類なき超高精度追尾で新登場。
現在開発中の昭和機械製作所 18E 赤道儀(ARTEMIS)は20~25cmクラスの反射望遠鏡、
10~15cmクラスの屈折望遠鏡の搭載に適した軽量タイプの赤道儀です。プロ仕様の大型
探偵望遠鏡栓架台と同様な超精密加工技術とノウハウが高い追尾制度を実現しました。電子的な
誤差補正なしでピリオディックモーションエラー±1.5″を実現。焦点距離600mmまでの望遠鏡なら
ガイディング無しで長時間の追尾が可能です。従来機NEW20Eを継承した架台の分割様式により
移動観測に最適です。オプションのインテリジェントコントローラを装着すれば、パソコンで天体の
自動導入も行えます。

高精度歯研ウォームギア全周駆動
ステッピングモータ 水晶発振マイクロステップ方式
最大搭載重量25kg (不動点から20cmの位置にて)
極軸調整範囲 高度 0~90°、方位±5°
不動点:1150mm
重量:役21.5kg(赤経体11kg、赤緯体10.5kg)
オプション:ピラー脚、三脚、オートガイドケーブル、望遠鏡制御コントローラ(ATLASTAR)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
e0208718_22541622.jpg
昨年話題になりましたWX双眼鏡がありました。あいにく天気でしたが、雲の合い間から月とポリマを見ました。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-30 23:00 |  ・胎内星まつり | Comments(0)
e0208718_23525783.jpg
2017.7.25はニコン創立100周年
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-25 23:51 | ◆その他 | Comments(0)
カルバー46cm望遠鏡を掲載したなら山本一清博士のゆかりの地、京都大学 花山天文台も行きたくなってきます。丁度「京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開」の一環で 京都大学 花山天文台が一般公開されています(~9月30日まで)。
e0208718_60950.jpg

e0208718_5562295.jpg
期間中、京都地下鉄東西線東山駅から無料のバスが出ています。バスは東山ドライブウェイに入り、正門前が終点となります。
e0208718_605136.jpg
門柱の表札。

e0208718_5433811.jpg
緑銅色が非常に美しいです。
e0208718_5373032.jpg
私見ですが、ドイツ ポツダムにあるアインシュタイン塔(1920~)にも少し雰囲気が似ているところがあるかと思いました (但し、山本博士がアインシュタイン塔を訪れたという事実は無いようです(単に調査不足かもしれません)。代わりにアインシュタイン塔の主任であったE.フロインドリッヒ博士が花山天文台建設開始前の1926年に来日しているようです:天界1940年第235号)。花山天文台は1927年に建設が始められ、1929年10月に開所しました。
e0208718_7325100.jpg
CarlZeiss45cm屈折望遠鏡(1969~)。山本氏は1959年に急逝されているため、この望遠鏡は見ていません。
e0208718_7345428.jpg
ドームは川崎造船が製作しました。10月開所より7か月遡り昭和四年三月と記載があります。
e0208718_73333.jpg
もともと英クック30cm屈折望遠鏡(1927年輸入、1929年現地に設置)が導入されていました。そのレンズが、すぐ近くの歴史館の方で展示されています。
e0208718_794797.jpg
この歴史館ですが、もとは子午線館として1929年10月12日に開館したとのことです。中央に車輪がついたやぐらがありますが、これが左右に動き天井が開閉されます。
e0208718_7245310.jpg
現在、観測位置には、ファウス製子午環が設置されています。天井が開口された状態です。今は、ガラスが入っています。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-18 22:30 | ◆公開天文台 | Comments(0)
先月、科博にて京都帝国大学の天文学者山本一清博士(1889/5/27(M22年) - 1959/1/16(S34年))に関わる講演がありました。講演内容の重要な一アイテムである英カルバー46cm望遠鏡が天体望遠鏡博物館にあります。
1927年(S2年)に購入し、1929年(S4年)から1934年(S9年)まで花山天文台に据え付けられていました。当時東洋一の口径の望遠鏡であったとのことです。
e0208718_1113269.jpg

山本博士は1938年(S13年)に退職したのち、1942年(S17年)自宅に私設の山本天文台(田上天文台)を開設し、このカルバー望遠鏡はこちらに移設されました。
e0208718_23404373.jpg
イギリス天文協会をフィールドとして活躍をされたウォルター・グドエーカー氏より譲り受けた望遠鏡(引用元HP)で、イギリスの緯度(北緯51度以上)で設計されていました。花山天文台は北緯35度で緯度差があるため、15度以上の緯度差を補正するのに架台部全体を南側に持ち上げ(写真の後ろ側)、北側(写真手前側)に前のめりにして使用されていたとのことです。補強のバーが見えます。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-17 23:15 | ◆公開天文台 | Comments(0)
天体望遠鏡博物館 

e0208718_22241575.jpg
日本光学工業・ニコン望遠鏡の配置変更と鏡筒が追加された画像を見かけたため再び訪れました。
前回訪問から1年たちます。以前の報告は以下です。
その1 その2-1 その2-2 その2-3 その3


e0208718_22285750.jpg
左から以下の機種・SNとなります。今回、右端の徳島県立総合教育センターの鏡筒が搭載されました。
1967年(S42.10) 15cm 鏡筒SN:1502 赤道儀SN:2010 高知県青少年センター
1972年(S47.12) 20cm 鏡筒SN:2020 赤道儀SN:2015 斐太彦天文処
1970年(S45.07) 20cm 鏡筒SN:2003 赤道儀SN:1015 徳島県立総合教育センター

表面からだとパネルなどでごちゃごちゃしているため、裏面側からの撮影許可を頂きました。
e0208718_22381144.jpg
初期の灰色鏡筒です。ファインダー類はないようです。その2-3でも触れた通り、赤道儀のタイプが古く、鏡筒のSNが2003なのは妥当と考えられますが、小岩井農場(旧岩手県教育センター)の個体(SN2008、1970年(S45.01))より設置が遅いにもかかわらず、SNが古いです。他の場所で設置予定だったのが、キャンセルとなり、回ってきたものと推定します。

8cm屈折赤道儀のピラー脚タイプが2台さりげなく裏側に置かれています。
e0208718_22363453.jpg
徳島県立総合教育センター鏡筒のSNとなります。
e0208718_22445382.jpg
10cmED屈折赤道儀も追加されていました。
ちなみに天文ガイドの広告を見ますと各鏡筒の発売日は以下です。
10cmED 1980年4月15日
6.5cm   1983年11月10日
6.5cmED 1984年3月
8cmED  1987年5月

販売中止は1991年2月となっていました。
11cm屈折赤道儀が後ろの方に行ったのは残念です。

e0208718_22414529.jpg
モータ付きで非常に状態の良い8cm屈折赤道儀です。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-17 21:54 |  ・ニコンの望遠鏡 | Comments(0)
e0208718_21451768.jpg
2017/07/15 / 20:23
Nikon P310 4.8mm(24mm相当)  F6.3 ISO800 Exp.1sec Nikon NX-Dで調整
この日は都内に行きました。今年は傘、カッパを着て通勤した日数が少なかったようです。この日も良い天気でした。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-15 21:56 | Comments(0)
e0208718_11465649.jpg
2017.07.08 22:09
SkyWatcher BKMAK180(F15、f=2700mm), Meade x3バロー , GN170 , ZWO-ASI120MC ZWO-ADC  スタック:AutoStakkert!3.0.14(10,000frame、85%)  Wavelet処理:Registax6 NikonNX-Dで調整


[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-09 11:51 |  ・惑星・彗星 | Comments(0)
ブログトップ