四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

タグ:カメラ ( 3 ) タグの人気記事

Nikon Museum
【地図】

【衛星写真】Googleマップ

7/24にリニューアルされてから、新たに20cm屈折が展示されるようになったようです。また、宇宙関連のパネルも以前より大きくなっています。
e0208718_00182350.jpg
JR品川駅を降りて品川インターシティC棟に向かったとことにニコンミュージーアムがあります。
e0208718_00253457.jpg
途中にミュージーアムの行先案内があります。
e0208718_02280661.jpg
10/3より「Fマウント・NIKKORの世界」が企画展示されています。
e0208718_00322877.jpg
身近な位置に20cm屈折が展示されています。
e0208718_02132845.jpg
案内板を読みますと、以下のような開発背景があったとのことです。
「ニコン(当時:日本光学工業)が東京天文台(現:国立天文台)などの専門家の意向を取り入れて開発し、1965(昭和40)年に発売開始。」
e0208718_00325992.jpg
対物レンズ側から撮影。Nikon D=200mm F=2400mmの刻印が確認できます。
e0208718_00323990.jpg
接眼部側からの撮影です。
e0208718_00331804.jpg
ファインダ部です。
e0208718_00332823.jpg
6.5x50 3°と刻印があります。
e0208718_00334569.jpg
接眼部にはH-60mmが設置されています。
e0208718_00335445.jpg
鏡筒のシリアルナンバー。No.2018。
案内板によれば「1970(昭和45)年に製造され、2009(平成21)年まで徳島市立高等学校でクラブ活動などに使用された。」と記載あります。


フィッシュアイ・ニッコール投影式天球儀
e0208718_01360189.jpg
今回訪れたもう一つの目的として、メガスターで有名な大平貴之氏とのコラボレーションで生まれたフィッシュアイ・ニッコール投影式天球儀です。こちらは企画展のため2017/12/27までです。
Fisheye-Nikkor 6mm f/2.8で180°超えの220°天球儀が見られます。天球儀は天球の外から見た星座配置に変換されますが、今回の天球儀は地上から見慣れた配置になっています。
e0208718_01363593.jpg
案内板です。
e0208718_01361394.jpg
さそり座、いて座付近です。天球儀は北極星を中心に1,2分程で回転しており、四季折々の星空を見ることができます。
e0208718_01362016.jpg
夏の大三角付近の天の川です。
e0208718_01362978.jpg
下からの撮影です。MEGASTARとFisheye-Nikkor 6mm f/2.8があり、投影されています。
e0208718_01561891.jpg
NikonF ニコンメーター付
e0208718_01560981.jpg
Fisheye-Nikkor 6mm f/2.8S ミュージーアムに来ると幻のレンズも目に前にすることができます。
e0208718_01553446.jpg
Nikkorレンズ群の数々。
e0208718_01554340.jpg
望遠レンズ群も圧巻です。
e0208718_01555171.jpg
これも幻のレフレックスニッコール2000mm。
e0208718_02155487.jpg
NIKKOR最長焦点距離は3,750mmで岐阜天文台の25cm屈折です。

PS. 2017.10.26
ニコンちゃんが壮大ですごいな~♪来てね~と呟いています!




[PR]
by Starlight_365 | 2017-10-22 02:30 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(4)
e0208718_1281728.jpg
月廻りも丁度満月のため、山手線沿線にお出かけしました。
右側のダージリン・フェスティバルというのも編集時に初めて気づきましたが、その当時は気づかずマニアはそのまま「エスカレーター下る」に従いました。
50人を想定したイベントでしたが、ざっとその3倍の方が来られたようで、凄い熱気でした。基本的にはおじさんばかりですが、天文趣味と比較すれば女性や若者も一定数いたことに、写真・カメラ趣味の層の厚さを感じました。
e0208718_1283050.jpg
トークショーの最後に出てきたレンジファインダ試作の各種。十数台のボディが、兵馬俑のように整然と並べられた姿が圧巻でした。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-06-11 01:26 | ◆イベント | Trackback | Comments(0)
e0208718_22153963.jpg
ドイツのウリ・コッホ氏による「Nikon 100 Anniversary」です。370点あまりの製品が1800枚の写真で紹介されています。これらは、ニコンマニアの方なら興味ある製品ばかりです。
e0208718_22155339.jpg
1917年から2016年まで、10年ごとに各章にまとめられています。章頭には日本語訳もあります。
e0208718_22161082.jpg
天体機材は、旧5cm屈赤道儀、旧6.5cm赤道儀が紹介されています。ニコン製品が美術品のように美しく撮られており、マニアはいつも枕元に置いておくべき一冊と思います。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-03-08 22:33 | ◆その他 | Trackback | Comments(0)
ブログトップ