四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

堂平天文台

e0208718_0592721.jpg
 埼玉県比企郡ときがわ町の堂平山の頂きに、元東京大学の堂平天文台があります。今は、町営の天文台施設となっています。震災でドームがズレ落ちたため回転が出来ず、しばらくご本尊の観望会が中止などされていましたが、つい最近無事に復旧しました。
e0208718_13644.jpg
ドームの製作は三井造船で、東京大学木曽観測所などと同じです。昭和37年は1962年なので、来年は50周年記念となります。
e0208718_134419.jpg
 主望遠鏡<日本光学工業(現ニコン)製:1962年:昭和37年>
   口径910mm、焦点距離16,500mm f18
   カセグレン式反射望遠鏡  架台:イギリス式
15cm屈折ファインダーを2本備えており、これは望遠鏡が反転してもいずれがファインダーとして機能するようにとのことです。焦点距離、架台が異なりますが、岡山天文台の91cmカセグレン式反射望遠鏡とは兄弟望遠鏡で、こちらは弟分となります。
e0208718_1351627.jpg
また、20cm屈折も設けられており、対物は91cm副鏡側に独立してあります(赤矢印部)。そして一見対物部に見える部分は開閉ワイヤーの中継部で、接眼部まで筒状になっています。
e0208718_13352.jpg
制御装置です。3代目とのこと。
e0208718_135468.jpg
以前、来た時の観望会の様子。

ニコンHPに詳しい説明が有ります。(English)


e0208718_214484.jpg
ブルーベリー農園があり、つみ取り体験が出来ます。甘酸っぱい味が残暑を和らげます。
------------------------------------------
[PR]
by Starlight_365 | 2011-08-19 02:07 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://astro365.exblog.jp/tb/15296920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ