四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

葛飾区郷土と天文の博物館 (ニコン25cmクーデ式屈折)

11月3日(文化の日)に文化らしいことをしようと?、葛飾区郷土と天文の博物館に行って来ました。
入館料もプラネタリウムもすべて無料でした。
e0208718_1131887.jpg
 ここに属するボランティアスタッフの皆様は、天文グループだけでも100名ほどおり、レベルが高くいつも感心させられます。
e0208718_1172311.jpg
なつかしい唐箕による選別デモなどもありました。

------------------------------------------
 昼間の1等星観望が企画されていたのですが、残念ながら天気が曇りで望遠鏡見学のみとなりました。

e0208718_1245168.jpg

㈱ニコン製
口径250mm、焦点距離3,000mm f12
25cmアポクロマートクーデ望遠鏡
(1991年、平成3年)
e0208718_1245629.jpg

銘板はこのようになっています。
e0208718_1371065.jpg


ミラーを2枚使用し、丁度極軸部から覗けるようにしたクーデ式のため、覗き口位置はいつも変わりません。

また、写真左部ウエイトはU字状になっており、空いた空間を利用してもう一つの接眼部があります。これは写真用で、極軸側へ誘導しているミラーを跳ね上げることにより光路がこちら側に来る仕組みになっています。
e0208718_150494.jpg



接眼部は、旧15・20cm屈折望遠鏡の設計をそのまま流用しているためか、この部分だけ古めかしく見えます。
e0208718_1532499.jpg



O-60mmという珍しいアイピースです。取り付け部はニコン共通規格のM44x1でした。

------------------------------------------
[PR]
by Starlight_365 | 2011-11-04 02:07 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://astro365.exblog.jp/tb/16436674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ