四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

小岩井農場まきば園 ★ニコンの望遠鏡がある施設★

小岩井農場まきば園
【地図】
【衛星写真】Googleマップ
 綺麗な姿の岩手山が見えたところで盛岡ICを降り、西に5km、北に5km進めたところに、小岩井農場まきば園があります。
 グリーンシーズンと呼ぶ4~11月の毎週土曜日の他、イベント日に観望会が催されています(要入場料)。

 HP内の歴史を見ますと、1891年の明治時代からの大農場であり、「小岩井」の「岩」は共同創始者である三菱社の岩崎彌之助氏の名字からきているとのことです。三菱グループのニコンの望遠鏡がここにあるのも、ある意味自然な姿なのかも知れません。
 但し、もともとここにあった訳ではありませんでした。この望遠鏡は、盛岡市内の岩手県教育センターにあったのを、S63年に教育センターが移設した際取り残されましたが、地元の盛岡天文同好会の熱意により、移設委譲という形にてみごとこの地に復活させることが出来ました。
 この復活した望遠鏡には、移設、オーバーホールの際、他の号機には無いゴールドの「Nikon」エンブレムが赤道儀側面に新たにとりつけられたとのことです。

e0208718_23383354.jpg
ゲートからしばらく歩きます。望遠鏡以外、その他の誘惑がたくさんあり楽しめます。
e0208718_234088.jpg
まきばの天文館。日中は太陽黒点観察や昼間の星々観望もあります。

今回紹介する鏡筒は、1970(S45)年1月に上述通り岩手県教育センター設置、1988(S63)年に移設されました。
e0208718_001952.jpg
e0208718_0151100.jpg
アマチュア用の望遠鏡で、ウエイトを上側にすることは、あまり無いのですが、大型屈折望遠鏡の施設では、このようなスタイルで接眼部を下に持っていくようにすることが良くあります。
e0208718_0181760.jpg
                            接眼部周りの様子
e0208718_0202995.jpg
初期の鏡筒のため、接眼部周りは灰色塗装で、直接刻印のシリアル。2008番ですが、9号機目とのお話でした。
e0208718_0304023.jpg
                  架台部の銘板。株式会社の会社が旧字体です。
e0208718_0395064.jpg
                       まきばの天文館と天の川
-----------------------------------------
おまけ
e0208718_049159.jpg
                              Zeiss8cm屈折
e0208718_0493013.jpg
           空気望遠鏡。他に21m!の空気望遠鏡での月面観望会もあります
e0208718_0494479.jpg
                    SLホテル(今は休止)に使用していたD51
e0208718_0504169.jpg
e0208718_050391.jpg
                              盛岡冷麺
-----------------------------------------
[PR]
by starlight_365 | 2013-05-26 01:00 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://astro365.exblog.jp/tb/20551361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ