四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

名古屋市科学館 ★ニコンの望遠鏡がある施設★

名古屋市科学館
【地図】
【衛星写真】Googleマップ
 仙台市天文台と同じく実可動していませんが、口径や倍率差による見え方の差を伝えるための展示物として第二の人生を歩んでいます(名古屋市科学館リンク)。
 日本公開天文台協会(Japan Public Observatory Society)公開天文台白書2006(PDF:Japnaese Only)によれば、1951(S26)年、日本光学15cm屈折望遠鏡を擁する東山天文台が施工されたとの記載と、展示望遠鏡の解説より、これから紹介する望遠鏡が該当すると類推します。
 
 巨大な球体が特徴な名古屋市科学館。 
e0208718_21485647.jpg

 中のプラネタリウムドーム径は、35.02mとギネス記録に載る世界最大サイズです。土日だと、最初のプログラムを見るのに、7時頃から並んでいないと見られないくらいの人気です。見たかったのですが、出遅れてしまったため、整理券をもらうのに並んでも15:00頃の番組になりそうだったため、今回はあきらめました。
e0208718_2155691.jpg

 そのため、開館してすぐに主目的の望遠鏡を探しました。ありました。15cm屈折。
e0208718_21584125.jpg
反対側から撮影。バックの土星がいい感じです。
e0208718_2158527.jpg
対物レンズ正面からの撮影ですが、スペックなど刻印した飾り環などはなく、光軸調整装置が見えます。また、2時半と11時方向に箔が見えます。右に5cm同口径ですが、倍率が違う望遠鏡が並んでいます。
e0208718_21591449.jpg
鏡筒側面に貼られたこの望遠鏡の説明です。
e0208718_21592238.jpg
接眼部周りです。鏡筒との接合部に手を加えられているのが見られるため、オリジナルではないかもしれません。
e0208718_21593225.jpg
反対側からの接眼部。
e0208718_21594292.jpg


三鷹光器65cm
e0208718_21595240.jpg
接眼部側からは、コックピットのような作りです。
e0208718_220172.jpg
接眼部は、仙台市天文台と同様にニコン望遠鏡マウントと同等のようです。
e0208718_2201043.jpg


e0208718_22244083.jpg
最後に、引退したZeissⅣ型プラネタリウムの展示です。
[PR]
by Starlight_365 | 2015-10-10 22:31 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://astro365.exblog.jp/tb/23760468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ