四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

CP+2016 その2

e0208718_1852132.jpg
昨年コンセプトモデルとして出品されていた107FLです。販売時期・価格とも未定ですが、側面のシルク印刷もされており、発売も近いのではと思われます。天体用としては、コントラストの観点から鏡筒径を太くしたいところですが、今のところ太いタイプは用意はされていないとのことです。しかし、ネジは切っているとのことで、いずれ出てくることを期待したいです。
e0208718_1852787.jpg
e0208718_1854637.jpg
2種類のシルク印刷がありました。
e0208718_1861174.jpg
国立天文台からのブースです。
e0208718_1862054.jpg
TMTはThirty Meter Telescopeのことで、すばる望遠鏡があるマウナケア山頂に建設されつつあります。ミラーに使用するガラスは㈱オハラのクリアセラムという低熱膨張ガラスで、492枚も使用します。解説の方のお話では、それは使用中の枚数で、メンテ、バックアップ品に82枚余分に持ち、合計574枚ものミラーが手配されるとのことです。
e0208718_1863095.jpg
Zeissからの新双眼鏡です。
[PR]
by Starlight_365 | 2016-03-12 16:04 |  ・CP+ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://astro365.exblog.jp/tb/24214033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ