四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

ニコンミュージアム 「ニコン双眼鏡・100年の歴史」1/2

ニコンミュージアム 「ニコン双眼鏡・100年の歴史」を見に行きました。
9/29までなので、平日勤めの土曜休み(日曜閉館)の方はあと9/15、22、29の3日しかチャンスがありませんので、先延ばしせず早く行った方がよいでしょう。
e0208718_18111712.jpg
いつもの入り口の写真です。奥に石英の大インゴットが見えます。
e0208718_18163150.jpg
中央に鎮座するのは製作当時世界最大であった25cm双眼望遠鏡です。
上野の科学博物館から借用です。1964年の「望遠鏡の歩み展」が最後かと思っていましたが、案内板によればその後1967年に日本光学創立50周年記念「ニコンフェアー」にて展示されたと記載があることから、約50年ぶりの展示ということになります。
e0208718_18163987.jpg
双望会に参加する者としては、サイズに特別な驚きはありませんでしたが、一般の人なら驚嘆するかと思います。
e0208718_18165195.jpg
横からの写真です。
e0208718_18165833.jpg
おそらくタンジェントスクリュー式の微動機構です。「双眼鏡の歴史」中島隆氏著によれば、水平回転は全周、上下は推定±45°稼働可能とのことです。著書時は推定だったため、今回の展示に際して測定されたと思われます。
e0208718_1817576.jpg
接眼周りです。
e0208718_18171357.jpg
照星、照門を合わせてた状態の姿です。
e0208718_18171953.jpg
前述著書によれば接眼レンズは50xと83xとのことですが、変倍機構が紛失と記載があるため、展示の際に再生されたものと推定されます。色が本体と異なります。

1台目とのことですが、日本光学No1にも見えます。
[PR]
by Starlight_365 | 2018-09-09 00:50 | ◆写真・カメラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://astro365.exblog.jp/tb/27540131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ