四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

ニコンミュージアム 「ニコン双眼鏡・100年の歴史」2/2

つづきです。
e0208718_222937.jpg
杉野学園 ドレスメーカー学院と協賛した展示もあります。
e0208718_0543230.jpg
VICTOR 8x20
ニコン(日本光学工業)のさらなる前身藤井レンズ製造所時代の双眼鏡です。
e0208718_1281887.jpg
飛行眼鏡 10x70(空十双)飛行機からの監視用に開発された双眼鏡。70°の高視界を実現している。ゴム製の目当て採用などで実現性を高めているとのこと。
e0208718_1282965.jpg
飛行眼鏡 10x70(空十双Ⅱ型試作)先の10x70が大きさ、重さに手持ちでの限界があったことから反射ミラーを採用した試作。
e0208718_1543387.jpg
水防式12cm双眼望遠鏡。深水100mにも耐える耐圧設計。潜水艦の甲板に設置された。1937年。
e0208718_138963.jpg
戦中前後の双眼鏡
e0208718_140596.jpg
カラーバリエーションを採用した双眼鏡。プラスチックではなく塗装。
e0208718_1445281.jpg
ジュージアローデザインのVライン双眼鏡とその時代発売された双眼鏡。VラインはF3の2年後に発売開始。
e0208718_1461613.jpg
流線形デザインでキュートなミクロン試作品。
e0208718_1523459.jpg
貝をモチーフにしたアウトドア志向のシェルテ
e0208718_205611.jpg
21世紀世代の双眼鏡
e0208718_2123677.jpg
100年の歴史のアンカーはWX7x50IF

e0208718_282813.jpg
「ニコンの双眼鏡の進化と変遷」

数が多く、どういう切り口で見ればよいのか迷ってしまいます。従って、「ニコンの双眼鏡の進化と変遷」を見てからの方がよいです。また、以下に注目して頂くと、工業の歴史、流行などが見えてきます。
 ・ダハタイプが出たのはいつか
 ・戦前・戦後の差は
 ・デザインが意識され始めたのはいつ頃か
 ・カラーバリエーションが意識されたのはいつか
 ・合成ゴムが多く使用され始めた時期はいつか。ゴムの品質、化学工業技術が上がったと考える
 ・プラスチックが採用されるようになったのはいつか
 ・ズームが採用された時代はいつか
 ・海外デザイナーが入った時代・機種はいつか。その頃のカメラは?
 ・皮シボが採用されなくなってきたのはいつ頃か
 ・EDなど高級レンズが使用され始めたのはいつ頃か
 ・非球面レンズ採用はいつ頃か
 ・バブル景気時代にはどういった機種が新発売されたか
 ・電気物(防振)が採用されたのはいつ頃か
 ・ダハばかりになりだしたのはいつ頃か
 ・誕生日近傍の機種はどれか

上記をヒントに各自の切り口を作ってみてはいかがでしょうか
[PR]
by Starlight_365 | 2018-09-09 00:49 | ◆写真・カメラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://astro365.exblog.jp/tb/27540181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ