人気ブログランキング |

四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

アストロカメラとトークライブ

梅雨で関東地方は雨で星活ができませんが、アストロカメラ目的とトークライブを聞くために都内へ向かいました。
e0208718_1495238.jpg
アストロカメラが展示されているという品川のニコンミュージアムへ向かいました。
e0208718_143820.jpg
お目当ての超レアカメラ。アストロカメラです。
e0208718_162663.jpg
35mm版換算で約85mm相当の画角でf4です。
e0208718_164987.jpg
別のアングル。S/N5001と一台目です。
e0208718_164158.jpg
上からのアングル。シャッターはコパル製でした。
e0208718_165522.jpg
後ろからのアングル。

e0208718_111164.jpg
次にフィッシュアイ・ニッコール19.3㎜ f3.5。
e0208718_112971.jpg
特記すべきは、1970年大阪万博のみどり館全天周映画の撮影装置が五藤光学研究所で開発され、レンズが日本光学工業製というコラボ製品。

e0208718_1182281.jpg
テレビジョン用投影装置(1955年)。
e0208718_1183375.jpg
補正板径は目測で20㎝くらいでした。天体観測レベルに達しているのかは不明ですが、国内でもシュミットカセグレンが作られていた証拠です。

e0208718_1224131.jpg
1970年頃の大井製作所模型です。矢印の建屋が妙に傾いていますが、天体望遠鏡製作の専用建物で、向きが南北軸に一致しています。


e0208718_1352495.jpg
最後に、ミスターニコンこと後藤哲朗氏のニコンF発売60周年記念トークライブ 「ニコンと私、46年を語る」の申し込みに当選しました。
e0208718_1355940.jpg
F3からD5まで携わった数々のエピソードを2時間たっぷり聞くことができました。後藤氏が大切にしている言葉「写真忘れるべからず。初心忘るべからず。」にニコンの持つDNAが凝縮されていると受け取りました。
by Starlight_365 | 2019-06-16 02:36 |  ・ニコンの望遠鏡 | Comments(0)
ブログトップ