四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

<   2018年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 春を代表する二つの一等星です。アークトゥルスは麦星という和名を持っていますが、スピカの真珠星は野尻抱影氏によって名づけられました。
 右下はJAXA臼田宇宙空間観測所 64m電波望遠鏡で、運が良いと国道254の佐久市の内山あたりから臼田街中まで走っていると、はるか遠くの山麓に、あの白く輝くキノコみたいなのは何だ?という感じで見ることができます。臼田宇宙空間観測所までは、1.5車線あるかないかの道を10km近く走りますが、突然巨大なパラボラの姿が見えた時には、その大きさに感動します。
 ところで、この64m電波望遠鏡の活躍はハレー彗星探査機「すいせい」や「さきがけ」、ボイジャー2号の通信の時代にまでさかのぼります。近年ではあの「はやぶさ」の通信を行っていたのは有名はお話です。そのような輝かしい業績ある設備ですが、開所から34年経過しており老朽化が進んでいます。そこで、現在新たに約1.5km北西側に54m電波望遠鏡の建設が始まっており、11月末には反射鏡部の組立まで完成する計画で進んでいます。
e0208718_21581817.jpg
Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (14mm,f2.8) Exp.15sec ISO6400 Lee No.3 soft filter
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-30 23:12 |  ・星座・星景 | Trackback | Comments(0)
アプト式鉄道時代の廃線跡で、今は遊歩道になっています。薄雲が流れ、肉眼では星々は非常に弱々しく今日はダメだと思いましたが、こんな日でもシャッターを押すのを忘れない方がよさそうです。個人的には情緒的な絵が撮れたと思います。
e0208718_20311186.jpg
Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (18mm,f2.8) Exp.15sec ISO8000 Lee No.3 soft filter
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-22 20:54 |  ・星座・星景 | Trackback | Comments(0)
長良隕石が話題を集めていますが、こちらは岡部隕石孔。
かれこれ60年前のお話。宇宙の彼方から降ってきた隕石は、発見者とそのご親族が畑仕事をしていた高々数mの間に落ちたということです(星ナビの記事(2017.5)による)。その隕石は上野の国立科学博物館で展示されています。
隕石の落下地点は、写真の塩ビ管が目印ということで、発見者の方によって長く大切に記録されています。一本の小枝は春の夜空をじっと静かに指し示し、宙のロマンを語りかけています。
e0208718_09392.jpg
Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (14mm,f5) Exp.15sec Stack20min相当 (Sirius Compで比較明合成) ISO6400 IrfanViewで調整
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-17 00:11 |  ・星座・星景 | Trackback | Comments(0)
ここで樹々が芽吹くのはあともう少しです。天文屋は西に沈んだゴージャスな冬の空を惜しみ、か細い星々の光を見ることで春の訪れを感じ取っています。
ところで『中部横断自動車道』の佐久南IC~八千穂高原IC間が4月28日(土)に開通します。北回り利用者にとっては八ヶ岳方面へのアクセスが便利になります。
e0208718_22263133.jpg
Nikon D810A Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF) (48mm,f6.3) Exp.30sec Stack33min相当(Sirius Compで比較明合成) ISO2000
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-12 23:16 |  ・星座・星景 | Trackback | Comments(0)
ここに来れば、こんな双眼鏡に出会えます。
e0208718_22405185.jpg
e0208718_22405798.jpg
ここに刻印と言えば、当然100thモデル。

e0208718_22433547.jpg
いつも「NIKON MUSEUM」とロゴのところは、ライトにより露出オーバーで画像処理に困るのですが、今日はライトつけ忘れか、写真的には良かったです。
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-10 23:01 | ◆その他 | Trackback | Comments(0)
尖り時計台のある街の夜です。
映画『君の名は。』で洋風建築の建物がありましたが、これがモデルであると推測している方もおられるようです。

余計なスタックなどせず1枚撮りの画像です。光害カットフィルタでの色の偏りにより処理に苦戦しましたが、街中に夏の天の川が昇る様子を切り取ることができました。八ヶ岳山麓のちょっとした小街ですが、東京からひとっ走りすれば街中でもこの空の暗さを楽しむことができます。

タイムリーにもテレスコ工作工房さんから今年の「星と自然のフェスタ2018」の開催日(2018/10/12-14)が告示されています。昨年は天候に恵まれませんでしたが、早速カレンダに記載しました。
e0208718_22225949.jpg
Nikon D810A Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F2.8S (52mm,f3.5) Exp.15sec ISO6400ケンコーソフトンB IDAS LPS-D1
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-08 23:20 |  ・星座・星景 | Trackback | Comments(0)
3週間ほど前にアップしました時と同じ撮影日です。1枚撮りですが星は滲ませ、45m電波望遠鏡の方は解像度感を残すようにしました。
e0208718_18667.jpg
Nikon D810A  Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F2.8S (70mm,f2.8) Exp.15sec ISO8000 ケンコーソフトンA

30年くらい前のレンズですが、ソフトフィルタを使っているので、古さは気になりません。但しこのレンズは若干バリフォーカルのため、焦点距離を変えると焦点の合わせ直しが必要です。また、直進式のため天頂を向ける天体写真ではずり落ちるため、テープ止めなどが必要です。ただ一般撮影ではマクロがあるので、売却せずズルズルと使い続けてしまっています。
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-05 08:53 |  ・星座・星景 | Trackback | Comments(0)
2018年の春がやってきました。
自転車で辺りを巡り、薄桃色と薄水色の空を重ねていつまでも見入ってしまいたい感じです。下を見れば、アスファルトのわずかな隙間にスミレが咲いており、生命力の強さを感じます。
桜は昔ながらの名所も、戦後から高度経済成長期に植樹された桜も一斉に咲き出しています。今や桜見たさで海外から観光客が押し寄せる訳ですが、将来の利益ということで山を杉一色にてその副作用(花粉症)を併発していることを考えれば、何の利益も生まないと思われた桜の植樹は現代版花咲か爺さんのようです。
e0208718_19412458.jpg
Nikon D810A Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF) (28mm,f5.6) L41 Exp.13sec ISO800 ケンコーソフトンA Iviewで調整
中古7000円の激安レンズでの秩父法善寺のしだれ桜と北斗七星。ほぼ満月でこの時期特徴ある星々と一緒に撮ろうとすると、北天に向けるしかない訳であります。
e0208718_19413332.jpg
Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (14mm,f4) Exp.30sec Stack19min相当(Sirius Compで比較明合成) ISO200 Lee soft3フィルタ IrfanViewで調整
秩父清雲寺のしだれ桜。
e0208718_19413885.jpg
Nikon D810A AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED (21mm,f4) Exp.30sec Stack8min相当(Sirius Compで比較明合成) ISO200 Lee soft3フィルタ IrfanViewで調整
同じく秩父清雲寺のしだれ桜。右の古木は埼玉県指定天然記念物のエドヒガンザクラで樹齢600年。バックの紅シダレも咲き始め春爛漫という感じです。
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-01 20:52 |  ・星座・星景 | Trackback | Comments(0)
ブログトップ