四季星彩

astro365.exblog.jp

星・天文に関係する日々の記録

ニコンミュージアム 「ニコン双眼鏡・100年の歴史」を見に行きました。
9/29までなので、平日勤めの土曜休み(日曜閉館)の方はあと9/15、22、29の3日しかチャンスがありませんので、先延ばしせず早く行った方がよいでしょう。
e0208718_18111712.jpg
いつもの入り口の写真です。奥に石英の大インゴットが見えます。
e0208718_18163150.jpg
中央に鎮座するのは製作当時世界最大であった25cm双眼望遠鏡です。
上野の科学博物館から借用です。1964年の「望遠鏡の歩み展」が最後かと思っていましたが、案内板によればその後1967年に日本光学創立50周年記念「ニコンフェアー」にて展示されたと記載があることから、約50年ぶりの展示ということになります。
e0208718_18163987.jpg
双望会に参加する者としては、サイズに特別な驚きはありませんでしたが、一般の人なら驚嘆するかと思います。
e0208718_18165195.jpg
横からの写真です。
e0208718_18165833.jpg
おそらくタンジェントスクリュー式の微動機構です。「双眼鏡の歴史」中島隆氏著によれば、水平回転は全周、上下は推定±45°稼働可能とのことです。著書時は推定だったため、今回の展示に際して測定されたと思われます。
e0208718_1817576.jpg
接眼周りです。
e0208718_18171357.jpg
照星、照門を合わせてた状態の姿です。
e0208718_18171953.jpg
前述著書によれば接眼レンズは50xと83xとのことですが、変倍機構が紛失と記載があるため、展示の際に再生されたものと推定されます。色が本体と異なります。

1台目とのことですが、日本光学No1にも見えます。
[PR]
by Starlight_365 | 2018-09-09 00:50 | ◆写真・カメラ | Trackback | Comments(0)
つづきです。
e0208718_222937.jpg
杉野学園 ドレスメーカー学院と協賛した展示もあります。
e0208718_0543230.jpg
VICTOR 8x20
ニコン(日本光学工業)のさらなる前身藤井レンズ製造所時代の双眼鏡です。
e0208718_1281887.jpg
飛行眼鏡 10x70(空十双)飛行機からの監視用に開発された双眼鏡。70°の高視界を実現している。ゴム製の目当て採用などで実現性を高めているとのこと。
e0208718_1282965.jpg
飛行眼鏡 10x70(空十双Ⅱ型試作)先の10x70が大きさ、重さに手持ちでの限界があったことから反射ミラーを採用した試作。
e0208718_1543387.jpg
水防式12cm双眼望遠鏡。深水100mにも耐える耐圧設計。潜水艦の甲板に設置された。1937年。
e0208718_138963.jpg
戦中前後の双眼鏡
e0208718_140596.jpg
カラーバリエーションを採用した双眼鏡。プラスチックではなく塗装。
e0208718_1445281.jpg
ジュージアローデザインのVライン双眼鏡とその時代発売された双眼鏡。VラインはF3の2年後に発売開始。
e0208718_1461613.jpg
流線形デザインでキュートなミクロン試作品。
e0208718_1523459.jpg
貝をモチーフにしたアウトドア志向のシェルテ
e0208718_205611.jpg
21世紀世代の双眼鏡
e0208718_2123677.jpg
100年の歴史のアンカーはWX7x50IF

e0208718_282813.jpg
「ニコンの双眼鏡の進化と変遷」

数が多く、どういう切り口で見ればよいのか迷ってしまいます。従って、「ニコンの双眼鏡の進化と変遷」を見てからの方がよいです。また、以下に注目して頂くと、工業の歴史、流行などが見えてきます。
 ・ダハタイプが出たのはいつか
 ・戦前・戦後の差は
 ・デザインが意識され始めたのはいつ頃か
 ・カラーバリエーションが意識されたのはいつか
 ・合成ゴムが多く使用され始めた時期はいつか。ゴムの品質、化学工業技術が上がったと考える
 ・プラスチックが採用されるようになったのはいつか
 ・ズームが採用された時代はいつか
 ・海外デザイナーが入った時代・機種はいつか。その頃のカメラは?
 ・皮シボが採用されなくなってきたのはいつ頃か
 ・EDなど高級レンズが使用され始めたのはいつ頃か
 ・非球面レンズ採用はいつ頃か
 ・バブル景気時代にはどういった機種が新発売されたか
 ・電気物(防振)が採用されたのはいつ頃か
 ・ダハばかりになりだしたのはいつ頃か
 ・誕生日近傍の機種はどれか

上記をヒントに各自の切り口を作ってみてはいかがでしょうか
[PR]
by Starlight_365 | 2018-09-09 00:49 | ◆写真・カメラ | Trackback | Comments(0)
ニコンファンミーティング2018に行ってきました。
e0208718_22534443.jpg
ニコンちゃんは25歳。
e0208718_21244176.jpg
渋谷 ベルサール渋谷ファースト

D5、D850はもちろん、FやF3、昨年のファンミーティングTシャツを着こなす方など、コアなマニアの方が入り混じるZ 7ミラーレスカメラ・Sレンズを中心とした新商品のお披露目会でした。
Z 6、Z 7の情報は氾濫しているので、同じようなことを記載しても仕方ないので、これを目当てに朝から一桁台に並んで来た奴がいたのか!ということでDF-M1をチェックしました。(嘘じゃないよ。前夜これが内輪で話題になっていました。)
e0208718_21313770.jpg
P1000での使用をターゲットに作製されたようですが、ドブ・双眼望遠鏡での等倍ファインダーとして使えそうです。オリンパスにも同等のドットサイトファインダーEE-1があります。
過去、CP+でEE-1を見たのですが、LEDの照射窓部にルビーコートのようなコーティングがされているため、明らかに明るさを損なっていました。今回のDF-M1は余計なコーティングがないため、明るさは損なっていない感じでした。
e0208718_21314575.jpg
ポップアップは、スピードライトが付属している一眼レフの感じで、勢いよくパカッと感触の良い音を立てて立ち上がります。ただ、振動が嫌だという場合もあるかと思います。

電源On/Offはポップアップの有無で、パコっと閉じればOffになるので、電源入れっぱなしで電池がなくなったというトラブルはなさそうです。また、ちょっと休憩時などでお行儀よく閉じておけば、電源Offの他、露もつかないのでこの点は天文屋的にもよさそうです。
e0208718_21315115.jpg
照明の明るさは5段しか調整できないのは残念ですが、天文を意識している訳ではないため、致し方ないところかと思いました。また、照明最小でも明るいです。LEDの前にカーフィルムを切って減光する必要があります。最近のドットサイトは知りませんが、これは過去天文ショップで売っていたドットサイトでも同様なので、減点にはならないと思います。

照明色に関して、Greenはあまり使用しないかと思いますが、10cmED付属の7x50ファインダーはGreenでしたので、それを思い出しながら一人夜中に悦なことをやったり、気分転換で変えてみる感じでしょうか。

照準マークは絵の通り3パターンですが、ドットはシャープでした。
e0208718_21321369.jpg
上下、左右調整は両サイドにあるダイアルを回します。これは他のドットサイトと同じ。

使用電池はWebにも掲載されておらず不明ですが、ホットシューサイズから推測するとCR20**系だと思います。説明員の方は、よくあるボタン電池と言っていました。シルバーの丸部を押せばカバーが外れるらしいのですが、後ろからのZ 7を早くいじりたいんだ視線が厳しいのでやめました。

価格はそれぞれの価値観で判断してもらえばよいと思いますが、かっこいいのが欲しい人は購入するかと思います。
ついでに調べたのですが、他人と同じなのはいやだという人は、これとかこれとかこれみたいなのがあるようなので、Amazon.comなどで購入してみるのもよいかもしれません。


おまけ
e0208718_22291282.jpg
レアグッズ化するかもしれないので、とりあえずGet。
SNSを見ていますと、レンズクロスは完売するほどの人気だったようです。近い将来「上上下下左右左右 i OK」の順でボタンを押せば、ニコンちゃんの隠れ起動画面が出てくるようになれば面白いですね。
[PR]
by Starlight_365 | 2018-09-01 22:58 | ◆写真・カメラ | Trackback | Comments(0)
企画展「ニコン双眼鏡・100年の歴史」
展示期間:2018年7月3日(火)~9月29日(土)

おおっ!これは、見に行かねば!世界のbinomaniaが集結するか!?

https://www.nikon.co.jp/corporate/museum/events/index.htm#binoculars
[PR]
by Starlight_365 | 2018-06-11 21:45 | ◆新情報 | Trackback | Comments(2)
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。   
e0208718_22410176.jpg




[PR]
by Starlight_365 | 2018-06-09 22:42 | ◆写真・カメラ | Trackback | Comments(0)
ここに来れば、こんな双眼鏡に出会えます。
e0208718_22405185.jpg
e0208718_22405798.jpg
ここに刻印と言えば、当然100thモデル。

e0208718_22433547.jpg
いつも「NIKON MUSEUM」とロゴのところは、ライトにより露出オーバーで画像処理に困るのですが、今日はライトつけ忘れか、写真的には良かったです。
[PR]
by Starlight_365 | 2018-04-10 23:01 | ◆その他 | Trackback | Comments(0)
Nikon Museum
【地図】

【衛星写真】Googleマップ

7/24にリニューアルされてから、新たに20cm屈折が展示されるようになったようです。また、宇宙関連のパネルも以前より大きくなっています。
e0208718_00182350.jpg
JR品川駅を降りて品川インターシティC棟に向かったとことにニコンミュージーアムがあります。
e0208718_00253457.jpg
途中にミュージーアムの行先案内があります。
e0208718_02280661.jpg
10/3より「Fマウント・NIKKORの世界」が企画展示されています。
e0208718_00322877.jpg
身近な位置に20cm屈折が展示されています。
e0208718_02132845.jpg
案内板を読みますと、以下のような開発背景があったとのことです。
「ニコン(当時:日本光学工業)が東京天文台(現:国立天文台)などの専門家の意向を取り入れて開発し、1965(昭和40)年に発売開始。」
e0208718_00325992.jpg
対物レンズ側から撮影。Nikon D=200mm F=2400mmの刻印が確認できます。
e0208718_00323990.jpg
接眼部側からの撮影です。
e0208718_00331804.jpg
ファインダ部です。
e0208718_00332823.jpg
6.5x50 3°と刻印があります。
e0208718_00334569.jpg
接眼部にはH-60mmが設置されています。
e0208718_00335445.jpg
鏡筒のシリアルナンバー。No.2018。
案内板によれば「1970(昭和45)年に製造され、2009(平成21)年まで徳島市立高等学校でクラブ活動などに使用された。」と記載あります。


フィッシュアイ・ニッコール投影式天球儀
e0208718_01360189.jpg
今回訪れたもう一つの目的として、メガスターで有名な大平貴之氏とのコラボレーションで生まれたフィッシュアイ・ニッコール投影式天球儀です。こちらは企画展のため2017/12/27までです。
Fisheye-Nikkor 6mm f/2.8で180°超えの220°天球儀が見られます。天球儀は天球の外から見た星座配置に変換されますが、今回の天球儀は地上から見慣れた配置になっています。
e0208718_01363593.jpg
案内板です。
e0208718_01361394.jpg
さそり座、いて座付近です。天球儀は北極星を中心に1,2分程で回転しており、四季折々の星空を見ることができます。
e0208718_01362016.jpg
夏の大三角付近の天の川です。
e0208718_01362978.jpg
下からの撮影です。MEGASTARとFisheye-Nikkor 6mm f/2.8があり、投影されています。
e0208718_01561891.jpg
NikonF ニコンメーター付
e0208718_01560981.jpg
Fisheye-Nikkor 6mm f/2.8S ミュージーアムに来ると幻のレンズも目に前にすることができます。
e0208718_01553446.jpg
Nikkorレンズ群の数々。
e0208718_01554340.jpg
望遠レンズ群も圧巻です。
e0208718_01555171.jpg
これも幻のレフレックスニッコール2000mm。
e0208718_02155487.jpg
NIKKOR最長焦点距離は3,750mmで岐阜天文台の25cm屈折です。

PS. 2017.10.26
ニコンちゃんが壮大ですごいな~♪来てね~と呟いています!




[PR]
by Starlight_365 | 2017-10-22 02:30 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(4)
東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所
【地図】

【衛星写真】Googleマップ

中央道伊那ICから権兵衛トンネルを抜け、国道19号を南下し、県道20号から山道を駆け上ったところに東大木曽観測所があります。現時点での施設の正式名称は『東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所』とのことで、漢字が27文字あります。
HPによると通期で午後より望遠鏡と展示室の見学が可能です。今回の掲載は、過去何度かの一般特別公開での写真を交えて紹介します。

e0208718_19481739.jpg
施設1km手前にある門です。
e0208718_19483312.jpg
右側の比較的新しい案内板です。
e0208718_19484049.jpg
左側の案内板です。シュミット望遠鏡として世界第4位の大きさとのことです。
e0208718_1948493.jpg
こちらは、先述の門を超え数百m進むともう一つの門があり、そこでの案内板です。1974年(S49)10月1日開所とあります。
長嶋茂雄氏が「巨人軍は永久に不滅です」と引退表明したのがこの年の10/12で、そういう時代にできた望遠鏡です。ちなみに同じ日に中日が優勝だったとのこと。
e0208718_20103521.jpg
ドーム外観。建物部の石タイルが特徴的です。
e0208718_20114337.jpg
今年はケータリングのピザ屋さんが来ていました。
e0208718_2038138.jpg
ステンレスのドーム部は40年以上経過で一部錆がみえますが、全体的には輝きを有しており太陽光をまぶしく反射させていました。
e0208718_20122611.jpg
ドーム製作は堂平天文台ドームも担当した三井造船です。
e0208718_20531776.jpg
写真乾板です。35.6cm角1mm厚のガラスが用意されていました。コダック社製と記載があります。
e0208718_20533162.jpg
誇張して赤線を追記していますが、肌色になった裏面押せえ部が中凸形状になっているのがわかりますでしょうか?完全なフラット形状ではなく、望遠鏡の結像面に合わせて中凸状になっています。
e0208718_2054393.jpg
写真から撮像素子に代わっていますが、その試作です。黒い枠内にあるCMOSの配置が、上述の中凸形状に沿って配置されています。厳密にはCMOS単体も曲面に作らないといけないのですが、聞くとこの分割なら公差内とのことで、我々が使用するデジカメと同等フラットのままです。
これは試作のため一列分しかありませんが、Tomo-e Gozen projectではXY8x12列分の配置で実視野9°相当を得る予定とのことです。その視野は10x50WX双眼鏡と同等の視野で、かなりの広視野であることがわかります。CMOS間は写らない領域が出るのですが、そこはアマチュアの撮影と同じようにモザイク撮影するのだそうです。
e0208718_21191095.jpg
今年初公開の「自動現像暗室」です。ワクワクしますね。
e0208718_21301931.jpg
手で現像しているとガラス乾板を割ってしまうので、自動で現像できる装置が置かれています。赤丸部に乾板をセットします。リニアスケールと駆動部がX,Zに用意されており、自動で現像工程を流せるようになっていました。
e0208718_21193362.jpg
概要解説です。
e0208718_23362918.jpg
この105cmシュミット望遠鏡用のブリンクコンパレータは、大阪市立科学館に展示されています。
e0208718_2336397.jpg
その解説です。
[PR]
by Starlight_365 | 2017-09-17 21:46 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(0)
その1からの続き。
メインの105cmシュミット望遠鏡。
補正板径1050mm、主鏡径1500mm、焦点距離3300mm、F=3.1。シュミット望遠鏡の場合、補正板径で語られるのですが、主鏡サイズは、当時国産最大の直径150cmあります。
e0208718_20452580.jpg
こちらは以前、カメラを渡し撮影して頂きました。
e0208718_20453278.jpg
人のサイズからも、この望遠鏡の大きさがわかるかと思います。
e0208718_2053323.jpg
ローアングルで撮影するとその大きさが引き立ちます。ニコン75年史によれば、搬入時は全体を分割し、複数台のトラックで運搬とのこと。その際、山道での振動、衝撃を極限に抑えるためトラックごとに加速度計を取り付け、コースごとの走行速度(例えば時速6km徐行)を決め運搬したとのことです。
その頃の様子を伝える写真が国立天文台アーカイブ新聞804号(pdf)825号(pdf)826号(pdf)870号(pdf)に掲載されています。
e0208718_2046964.jpg
望遠鏡の断面図です。写真乾板ホルダーと記載あるところが焦点面であり、鏡筒のど真ん中にあります。今は、ここに撮像素子が配置されています。ちなみに素子はキヤノン製です。
e0208718_20595279.jpg
ドームに白い布がつるされています。これはホワイトバランスをとるための布で、アマチュアの天体写真と同じです。
e0208718_20501226.jpg
こちらは対物プリズムで、断面図にあるように鏡筒先端に付けます。頂角2°と4°用があり、グラブパーソンズ製、枠は法月鉄工所製(続アマチュア天文史P289より)とのことです。
e0208718_2046469.jpg
こちらもカメラをお渡しし撮影して頂いた画像です。主鏡側のカバーと思われます。
e0208718_20473332.jpg
こちらはロボットアーム。三菱電機製です。フィルター交換で活躍します。鏡筒にロボットアームがあるのはこの望遠鏡だけとのこと。
e0208718_20474069.jpg
フィルターストックと左に赤フィルターが挿入された状態が撮影されています。先のロボットアームにて、フィルターストックから取り出し、左に差し込みます。つかむところは、ステンレスのピンが2本見えています。
e0208718_20482426.jpg
駆動系の解説です。2013年に西村製作所にてモータ直結に改造されました。40年以上経過した望遠鏡がキヤノン、三菱電機、西村製作所、ニコンと国内の名だたるメーカの手によって今でも最新の機材として生かされています。
e0208718_20483027.jpg
昔のギア群です。約100個の歯車を使用し、大口径歯車は直径216cmで、ピッチ円誤差5μm以下という超高精度仕上げです。追尾精度(大気誤差除く)は周期誤差1秒以内とこれまた超高精度とのことです(ニコン75年史による)。
e0208718_20483546.jpg
モータの発達で今はダイレクトドライブが可能。
e0208718_20484492.jpg
20cm案内鏡(焦点距離3300mm(国立天文台アーカイブ新聞927号pdf参照))です。笠井トレーディングのSTマイクロフォーカス接眼部と思われるものに交換されています。主鏡筒の焦点距離と合わせているのがポイントでしょうか。この頃はすでに量産の20cm屈折(F=12)も製作されており、3300mm(F=16.5)となると特注の焦点距離鏡筒となります。特別公開での夜の観望は、おそらくこの鏡筒で実施されたと思います。機会があれば観てみたいです。
e0208718_20514661.jpg
過去はこのようになっていました。
e0208718_2049042.jpg
別のアングルからです。
e0208718_20491654.jpg
接眼部はK-60mmです。
e0208718_20505456.jpg
こちらは後部の接眼部です。O-13mmの接眼レンズがついていました。
e0208718_2052497.jpg
鏡筒裏面部です。約2m程あります。主鏡サイズは冒頭でも述べました通り、150cmあり、重量は1350kgあります。裏面、側面部より18カ所で均一に支えられ、各支持点は球面軸受けを介して天秤はかりのようにバランスがとられているとのことです(ニコン75年史より)。
e0208718_20521216.jpg
主鏡を蒸着する際の、鉄路が引かれています。
e0208718_20521889.jpg
1階天井から見上げた開口部です。
e0208718_20523054.jpg
そのまま地下蒸着室に降ろせる構造になっています。現在は蒸着は外注で、使われていないとのこと。
e0208718_20523557.jpg
特別公開日では展示スペースとなっていたため、運搬用の大型ケースが外に置かれていました。
e0208718_20531059.jpg
最後に、105cmシュミット望遠鏡の銘板です。

天文月報バックナンバーに105cmシュミット望遠鏡の記事があります。
1973年10月表紙1973年10月
1975年1月その1(pdf)その2
天文月報1994年8月(pdf)
[PR]
by Starlight_365 | 2017-09-17 21:42 |  ・ニコンの望遠鏡 | Trackback | Comments(0)
e0208718_23525783.jpg
2017.7.25はニコン創立100周年
[PR]
by Starlight_365 | 2017-07-25 21:27 | ◆写真・カメラ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ